THE 最後の日本兵

写真拡大

絶対に10点満点をつけ、そのゲームを必ず褒めなくてはならないという究極のゲームレビュー。それが、livedoor トレビアンニュースが贈る『満点ゲームレビュー』だ。とはいえ嘘は書いてはならず、信頼できるものでなくてはならない。そんな条件のもと、毎回ゲームをレビューしていくぞ。ちなみに、週刊ファミ通での点数も掲載しておくので、参考にしていただきたい!

<レビュー条件とルール>
・絶対に満点をつけなくてはならない(10点満点)
・嘘・偽りを書いてはならない
・レビュアー全員が満点を出すと“トレビアン殿堂入り”

<点数の目安>
・1〜3点 泣かず飛ばず
・4〜6点 これはちょっと……
・7〜9点 いいんじゃない?
・10点 すげーよ最強だよ!!

<今回のレビュー作品>
『THE 最後の日本兵 〜美しき国土奪還作戦〜』
発売元:D3パブリッシャー
ハード:プレイステーション2
ジャンル:アクションゲーム
発売日:2007年8月30日
価格:2100円(税込)


<週刊ファミ通レビュアー4人の評価>
A氏 3点 B氏 4点 C氏 4点 D氏 3点

※10点で満点

ゲーム内容
謎の集団に侵略されてしまった日本を救うべく、ひとりの自衛官が立ち上がった! 集団に占領された日本全国・47都道府県をすべてヤツラから開放し、目的の日本奪還を達成せよ! 最終決戦地の東京で“最後の日本兵”を待ち受けるものとはいったい……!?

レビュアー KENちゃん 10点
最後の日本兵という名の通り日本横断が楽しめるゲーム。その土地の名産品がアイテムとなって出現するなどユーモアな発想には度肝を抜かれる。「ミリタリーだから難しいんじゃないの?」と思いがちだが操作が簡単。左右の振り向きだけですべて事足りるのも○。ジャンプなど機敏なアクション性を求められないので女性ユーザーにもオススメ!

レビュアー 推定日本人 10点
まずメーカー名だが、立体的なイメージを髣髴とさせてリアルなゲームを作っていそうな印象を受けるので○。発売日の8月30日は木曜日なので、発売日に買えば金・土・日と、週末をゲームでエンジョイすることができて吉。ちなみにパッケージは薄いフィルムで包装されており、開封するまでは傷がつきにくいので安心して購入することができる。

★トレビアン殿堂入り★

参照1:『THE 最後の日本兵』公式サイト(D3パブリッシャー)
参照2:株式会社 D3パブリッシャー
[詳細記事]

■オススメ! 最新人気トレビアンニュース
お坊さんが覚醒剤&賭博パーティーで逮捕
恋愛の常識とは?
女たちが使う言葉に男たちが失笑(笑)

■関連リンク
「パーティー」の曲、歌ランキング