DMMかりゆし水族館(仮称)/画像は公式サイトのスクリーンショット

写真拡大 (全6枚)

DMM.com沖縄県の美らSUNビーチに隣接するショッピングセンター敷地内に、2020年上半期をめどに「DMMかりゆし水族館(仮称)」を開業すると発表した。

【DMM、沖縄に「DMMかりゆし水族館(仮称)」開業 最新映像技術を活用の画像・動画をすべて見る】

新たなエンターテインメント水族館として、最新の映像技術を用いたリアルな海洋体験を提供。テーマパークのようなワクワクと、水に包まれる癒やしが共存する施設になるという。

初年度は210万人の入場を目標としている。

新たなエンタメを提供するDMMかりゆし水族館

DMMかりゆし水族館(仮称)のメインテーマは「“世界初”最新映像技術を駆使した新しいエンターテインメント水族館」。

通常の水槽展示だけでなく、最新映像技術を用いてリアルとバーチャルが融合したかのような展示を提供。

季節や時間、自然の美しさを表現するビジュアル表現を用い、商業施設内とは思えない開放的な空間を演出する。

海洋生物だけでなく沖縄地方を中心とした様々な動植物と出会い、触れ合えるインタラクティブな施設も設けられる予定だ。

沖縄の水族館といえば沖縄美ら海水族館が知られている。

DMM.comでは開業に向けて、水族館運営に知見のある企業と技術提携に向け協議中。県内2施設目の水族館として地域経済への貢献も視野に入れている。