嵐・二宮和也&相葉雅紀だけじゃない! ジャニーズタレントと総武線の浅からぬ縁

写真拡大

 都心から千葉までを走り抜ける「総武線」。国土交通省のデータによれば、錦糸町駅から両国駅まで、朝7時半ごろから1時間の混雑率は199%と全国1位。そんな「ワースト」な沿線から、多くのジャニーズタレントが生まれていることは有名な話だ。


■総武線が誇るスターコンビ“にのあい”

 総武線といえば、二宮和也相葉雅紀を外してはなるまい。2人はJr.時代、レッスン終えると総武線を利用して一緒に帰っていたという。
 
 ただ、二宮の最寄り駅までは快速に乗ればダイレクトに帰れるものの、相葉の最寄り駅は各駅しか止まらない。そこで二宮は、相葉のために毎回、鈍行で帰っていたという。まさに総武線がつないだ絆。
 
 そんな“にのあい”の仲の良さがたびたび垣間見られるのが、『VS嵐』(フジテレビ系)。2012年5月10日の放送回では。上から転がってくるボールを落とさないようにゴールへ運ぶ「コロコロバイキング」で、ゾーンの左右に1人ずついればいところ、二宮と相葉は、右のゾーンを2人一緒に担当することに。
 
 それを見た櫻井翔に「この2人は、もう10年以上前から“Mr.総武線”といわれ……」と紹介され、これに対して二宮は臆面もなく、「そうですね。総武線の駅を、しらみつぶしにしてきた2人ですから」と答えていた。

 2016年4月7日の放送回では、「クリフクライム」に“にのあい”で挑戦。この競技は、制限時間120秒以内に幅5メートル、高さ6メートルの壁をリレー形式で登り、頂上や壁に設置してある18個のボタンを押してポイント稼ぐ。1stクライマーは、2ndクライマーの登る時間も残しておかなければならない。そこで最初にチャレンジする二宮は「何秒欲しい?」と相葉に問いかけた。すると相葉は「60秒は欲しいよ。頼むよ。総武快速でお願いします」。それに対して二宮は「OK、OK、青色だ」と、快速の色について言及。ふだんから総武線を知り尽くしているからこその会話であろう。

■総武線から生まれた黄金世代

 そんな総武線のスターコンビ以外にも、総武線沿線のジャニーズタレントはたくさんいる。“にのあい”とJr.時代一緒に帰ったという風間俊介、山下智久、そして亀梨和也。「チーム総武線」といわれるメンバーだ。

 風間は今年2月11日の『出没!アド街ック天国』(テレビ東京系)に出演した際、特集された江戸川区・平井について「地元も地元! ど地元ですね」「仕事行くときは、平井に自転車止めて、電車乗って行ってました」と明かしている。
 
 また亀梨も、今年4月17日の『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)にゲスト出演した際、「僕、めっちゃ総武線です。新小岩です」と語っている。

 後輩にも総武線ジャニーズはいる。例えばA.B.C-Zの橋本良亮や、Hey!Say!JUMPの有岡大貴だ。有岡は14年9月8日の『人生が変わる1分間の深イイ話×しゃべくり007 合体SP』(同)で「嫌いな女性のタイプ」として、「やる意味ないじゃん」を「やる意味」、「コレは行くしかない」を「行くしか」といったように途中で言葉を切る女性と言っていたが、こうした「区切り」言葉を「総武線でよく聞きます」と語っていた。
 

■あの先輩ジャニーズも総武線沿い
                      
 歴史をさかのぼれば、総武線ジャニーズはたくさんいる。少年隊の錦織一清は風間と同じ平井駅だし、植草克秀は千葉駅、V6の坂本昌行は亀戸駅。そして元SMAPの木村拓哉は新検見川駅だ。
 
 新小岩駅で電車が止まっていないことに安堵し、秋葉原駅での終電の乗り換えに急ぎ、水道橋駅から乗り込む野球ファンやライブ客の熱気に押され、御茶ノ水駅のホームのやたら低いアーチ型の柱に苦慮し、市ケ谷駅から見える釣り堀で昼間から釣りに興じる人々をうらやましそうに眺めるなど、総武線あるあるは尽きないが、今のJr.の中にも、そんな風景を見ながらレッスン場に通っている者もいるはず。その中からいつか、新たなスターが生まれるのかもしれない。
(文=都築雄一郎)