「もう笑点」の収録後、会見に臨んだ桂歌丸

写真拡大

 左肺炎慢性呼吸不全の急性憎悪のため休養し、14日に退院した落語家の桂歌丸(80)が17日、都内で行われた日本テレビ「笑点」の直前番組「もう笑点」(日曜後5・25)で本格的に仕事復帰した。収録後には「入院しても毎週、笑点を見ていた。必ず私の悪口を言うので油断できない」とちゃめっ気たっぷりに話した。

 前回の収録は2月4日で、その後は入退院を繰り返していたため参加できなかった。退院日には出演を予定していた落語会に駆けつけ張りのある声であいさつ。この日も「声は大きな声が出るんです。そうじゃないとただのミイラですから」と笑いを誘った。

 体調については「肺炎はある程度、完治しているんですけど、呼吸器のほうがちょっと」と報告した。酸素吸入器は手放せない状態で、今後の高座でもつけたまま上がる可能性が高い。自身にも抵抗があり「もし、一人でもお客さまが見にくい、聞きにくいとおっしゃれば引退しようと決めていた」としつつ「大丈夫と言われて。ずうずうしくも、やってみようと思っています」と笑顔を浮かべた。

 体重は現在36キロで、担当医とは40キロになることを約束しているという。苦手だった肉も食べるようになり、挑戦したのが鶏の唐揚げ。「冗談じゃなく80年の人生で初めて食べた。なんでこんなうまいものを食べなかったのか」と明かし、爆笑を誘った。この日の収録は8本で今月25日放送分から随時オンエア。また、18日には都内で高座復帰する予定だ。