2日、テレビ番組で万引き犯を捕まえるシーンを目にすることがあるが、日本の商店は口頭で注意し警察に届け出るのが一般的で、中国のこの動画のように店主が万引き犯に暴行を加える場面はあまり見られない。

写真拡大

2017年1月2日、テレビ番組で万引き犯を捕まえるシーンを目にすることがあるが、日本の商店は口頭で注意し警察に届け出るのが一般的で、中国のこの動画のように店主が万引き犯に暴行を加える場面はあまり見られない。

動画に映っている女性は商店で万引きをしたとして女性店主に取り押さえられ、店主は万引き犯の服をめくりタイツの中から商品を取り出した。抵抗する万引き犯だったが、店主は「恥知らずが!」「ネットにさらしてやる!」「早く110番して」と叫び万引き犯の首を押さえていた。万引き犯とはいえ少々手荒いようにも感じるが、ネットでは支持する声が多く、「ののしる必要はない。直接殴れ」「自業自得だな」と万引き犯を批判する声が集まった。(翻訳・編集/内山)