23日、中国安徽省合肥市で、タクシー運転手が夫婦げんかに巻き込まれ悲惨な目に遭った。写真は中国のタクシー。

写真拡大

2016年2月23日、中国安徽省合肥市で、タクシー運転手が夫婦げんかに巻き込まれ悲惨な目に遭った。中安在線が伝えた。

21日夜、同市をタクシーで走っていた運転手は、ホテルの前で中年の男女を車に乗せた。男性客は後部座席に座り、女性客は助手席に座った。2人は夫婦で、発車して間もなく口論を始め、女性は夫を何度もたたき、怒りの余り夫が下車した。

再び発車した後、運転手がくしゃみを何回かしたことに女性客が嫌悪感を抱き、「ウイルスをまき散らすな」と文句を言ってきた。これがきっかけで運転手と女性客は口論に発展。女性客は運転手に殴る蹴るの暴行を加えた上に、運転手の眼鏡を奪い取り踏みつけて破壊した。運転手は視力が悪いため前方がはっきり見えない中どうにか端に寄せ駐車し通報した。

その後、夫婦と運転手は警察署に連行され、女性客は運転手に八つ当たりしたことを認め謝罪するとともに運転手に損害賠償した。けんかの理由について夫婦は、「誰が家計を管理するか」について言い争いをしていたという。(翻訳・編集/内山)