19日放送の「ライオンのごきげんよう」(フジテレビ系)で、井上和香タクシー運転手に激怒した出来事を告白した。

番組では、タレントでパパ歴6年のユージとママ歴6カ月の井上がゲスト出演した。井上は「新米ママのウップンたまって箱」のコーナーで、赤ちゃん連れでタクシーに乗ったときのエピソードを語り始める。

その日、井上はベビーカーをトランクに積み、赤ちゃんを抱いてタクシーに乗り込んだ。するとその瞬間、運転手に「チッ!」と舌打ちをされたという。スタジオがどよめき、司会の小堺一機も「舌打ち!?」と声を上げた。

運転手が子ども嫌いだと思った井上は、「すみません…赤ちゃん泣いちゃうかもしれないんですけど、よろしくお願いします」と伝えたが、無視されてしまったとか。

そのとき、赤ちゃんは運良く上機嫌だったそうだが、今度は「アーウッ」と声を出し始めた。運転手は、赤ちゃんがこの声を出す度にため息と舌打ちを繰り返したという。

赤ちゃんが喜んでいるのに口をふさぐわけにもいかず、謝罪しても無視を続ける運転手に、徐々に怒りを募らせた井上だったが、怒っている姿を赤ちゃんに見せたくないと我慢した。

ところが、散々無視と舌打ちを繰り返した運転手が普通にお会計を要求してきたときに怒りが頂点に達してしまったという。井上は「ダ―ン!」とお代を叩き付け、「お釣り要らないです!」と怒鳴りつけて降車したそうだ。

「あんな鬼の形相になったのは、赤ちゃんが産まれてからは初めてでした」と振り返った井上に、小堺は「和香ちゃんも(赤ちゃんと一緒に)言えばよかったのに『オーウッ!』って」とボケて、笑いを誘っていた。

【関連記事】
梅沢富美男 状況判断できない若い店員に激怒「マニュアル通りなのよ」
明治大学が授業開始の10分前に休講連絡 学生らは「遅い」と憤慨
東国原英夫氏が諸星和己のSMAP解散報道への一言に怒り「ものスゴい無責任」