Larry Carlton & Tak Matsumoto

 昨年6月、日米を代表するトップ・ギタリスト、ラリー・カールトンとB'zの松本孝弘が共演し、全世界で発売されたインストゥルメンタル・アルバム「TAKE YOUR PICK」。同作は本日2月14日(現地時間13日)に開催された米国最大の音楽祭、第53回グラミー賞にて「最優秀ポップ・インストゥルメンタル・アルバム」を受賞。日本人としては5人目の快挙となる。

 「TAKE YOUR PICK」は、日本でインスト作品としては異例のオリコンランキング初登場2位を記録し、発売直後から全国ツアーを敢行。松本は、1999年に世界ナンバーワンギターメーカー、ギブソン社からオリジナルモデルを発表する“シグネチュア・アーティスト”に当時、世界で5人目、日本人としては初となるギタープレイヤーとして最高の名誉を獲得。B'z結成20周年を迎えた2007年には、ロックに貢献したミュージシャンを讃える“Hollywood’s RockWalk”にアジア圏では初の殿堂入りを果たしている。

 ラリー・カールトンはこれまで数多くのトップ・ギタリストとセッションを重ねてきた、ジャズ・フュージョン界の名プレイヤーであり、松本孝弘はB'zの活動に加え、ギタリストとして多彩なソロ・プロジェクトでも活躍。作曲家としても比類なきトップ・ギタリストの共演は、ギブソン社を通じて、ラリー・カールトンから松本孝弘にオファーしたことから実現に至り、2009年に本格的にレコーディングを開始した。

 松本孝弘のストーリー性を持つメロディーと独特のトーンを響かせる流麗なプレイと、ラリー・カールトンのジャズ・フュージョンをベースにした華麗なアプローチが融合して生まれた珠玉のインストゥルメンタル・アルバムには、昨年行われたB'z最新ツアーB'z LIVE-GYM 2010“Ain't No Magic”で披露され大きな反響を呼んだ「JAZZY BULLETS」や、ラリー・カールトンの代表曲「Nite Crawler」(クロスオーバーミュージック史上に残る名盤『Larry Carlton』<邦題『夜の彷徨』1978年> に収録)を松本との共演でリ・レコーディングされた楽曲等、ジャンルを超えて飛翔する二人のギタープレイとサウンドを堪能できる充実の全12曲を収録している。

 松本孝弘は「グラミーは僕自身の長年の目標であり、憧れ続けてきた夢でした。それが今、正に現実のものとなりました。ラリーさんは勿論、このアルバムをサポートしてくれた全てのスタッフ、そしてリスナーの皆さんに心から感謝致します。これに甘んじる事なく、明日からまた新たな音楽創りに精進していきたいと思います。応援して下さった日本の皆さん本当にありがとうございました。」と述べている。

グラミー賞受賞部門:最優秀ポップ・インストゥルメンタル・アルバム
★Larry Carlton & Tak Matsumoto「TAKE YOUR PICK」
・PUSHING THE ENVELOPE/Gerald Albright
・HEART AND SOUL/Kenny G
・SINGULARITY/Robby Krieger
・EVERYTHING IS EVERYTHING: THE MUSIC OF DONNY HATHAWAY/Kirk Whalum

Larry Carlton(ラリー・カールトン)
1968年のデビューアルバム「A Little Help From My Friends」から、18回にわたるグラミーノミネート、3回のグラミー受賞という偉大なる功績を誇る、また、30のアルバムクレジット、100以上のゴールドやプラチナに輝いたアルバムでの演奏を経て、30年にも渡りアーティストとしてのスタンダードを提供しながら確固たる地位を築いてきた名プレイヤー。彼はギブソン社のES-335を使用していることから“Mr.335”というニックネームでもよく知られており、ギブソン社は1968年製のES-335を元にシグネチュア・モデルも発売している。

Tak Matsumoto(松本孝弘・B’z)
1999年にギブソン社から世界で5人目、日本人初のレスポール“シグネチュア・アーティスト”に選ばれたトップ・プレイヤー。B'zの活動と並行して他アーティストへの楽曲提供や演奏参加も行い、自身のソロ作品も多数発表。2002年、2タイトル同時発売の「華」「西辺来龍 DRAGON FROM THE WEST」ではメロディ・メーカーとしての魅力を堪能出来るインストアルバムを、2004年には豪華海外ミュージシャンとのコラボレーションでも話題を呼んだ「TMG」を結成しアルバム「TMG ?」がオリコンチャートで首位を獲得、同年11月には、ギタリストを中心とした弦楽器奏者のレーベル“House Of Strings”を立ち上げ、クラシックの殿堂・サントリーホールで行われた東京都交響楽団とのライブ作品等、ハイ・クオリティなプレイはもちろん、美しいメロディーを奏でる“弦”の魅力をあます事なく表現した2作を発表している。・ラリーカールトン,松本孝弘松本孝弘稲葉浩志B'z- アーティスト情報