西尾隆矢がVARの介入により一発退場に【写真:Getty Images】

写真拡大

元日本代表DF栗原氏がU-23アジア杯の日本×中国に見解

 U-23日本代表は4月16日、パリ五輪最終予選を兼ねたU-23アジアカップのグループリーグ初戦となった中国戦に数的劣勢のなかで1-0と勝利した。

 前半17分にDF西尾隆矢がビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の介入により一発退場となったが、元日本代表DF栗原勇蔵氏は「迂闊だった」と指摘している。

 日本は前半8分、MF山田楓喜の高精度クロスにMF松木玖生が左足ボレーで合わせ、幸先良く先制した。しかし、同17分に日本をアクシデントが襲う。

 中国MFジャ・フェイファンが背後から当たってきた状況でDF西尾隆矢が相手の顔に左腕を振うような形になった。一度はプレーが流れたものの、VARが介入すると、ケイシー・レイベルト主審はオンフィールドレビューを経て、西尾にレッドカードが提示した。

 数的劣勢となった日本は前半22分にMF山本理仁を下げてDF木村誠二を投入し、4-4-1の陣形に変更。中国にゴールを脅かされるシーンが増えるも、好守を連発したGK小久保玲央ブライアンをはじめ守備陣が最後までしのぎ切り、大会初戦を1-0で勝利した。

 日本代表OB栗原氏は、西尾に関して「西尾からすると、わざと当たられたと思ったのでしょう。相手の挑発だったのか、偶然ぶつかったのかははっきりとは分からないですけど、腕を相手の顔付近まで上げてしまったのは、正直迂闊でしたね」と指摘。一方で、数的優位に立ちながら決定打に欠けた中国については、「中国はあまり覇気が感じられなくて、迫力にも欠けた」と印象を述べていた。

------
AFC U23アジアカップ カタール2024
グループステージ第2戦
UAE vs 日本
日時:4月19日(金)24時30分キックオフ
解説:林陵平
実況:桑原学
配信:DAZNにてライブ配信
------
AFC U23アジアカップ カタール2024
グループステージ第3戦
日本 vs 韓国
日時:4月22日(月)22時00分キックオフ
スタジオ解説:小野伸二
解説:水沼貴史
実況:野村明弘
配信:DAZNにてライブ配信
------(FOOTBALL ZONE編集部)