相方・渚さんへの感謝を語る誠子さん(写真:高野広美)

写真拡大

人気お笑いコンビ・尼神インターの突然の解散に驚いた人も多いはず……。誠子さんに、解散に至った理由を芸人の先輩でもあるインタビューマン山下が聞きました。

「解散をきっかけに大きなチャレンジをしたいと思ったんですよ。それは何かと考えたときに、不安もあるしドキドキもするけど、フリーでやることなんじゃないかと」

そう話すのは、3月末に解散した尼神インターの誠子さん(35)。

2024年3月28日、人気お笑いコンビの尼神インターが3月末をもって解散することが、所属事務所の吉本興業から発表された。誠子さんは吉本とのマネジメント契約を終了しフリーで、渚さん(39)は引き続き吉本に所属して活動を続ける。コンビの解散が決まったのは去年の年末だったという。

「私たちはもともとキャラが違うのがいい感じでもあったんです。けど、ちょっとだけ渚と私でやりたいことが違ってきたのを、ベテラン夫婦ではないですが、話すまでもなく空気で感じていて」

“コンビとしてできることはやり切ったね”。互いそんな気持ちになって解散を決めた。

解散までの約3カ月、決まっていたコンビの仕事をやり切ってから、別々の道に進むことにした。さみしい思いもあるが、互いに納得して決めたこと。

「昔から渚の言うことを信用してるんです。私は別の女のコとコンビをNSC(吉本興業の養成所)で組んでたんですけど、渚が『やろうや』みたいな。そのときに熱い説得や説明は別になかったけど、それがカッコよくて『うん。わかった』って感じで。

大阪から東京に行くときも私が『行く?』って言ったら『いいんじゃない。行こか』みたいな。渋い感じで言ってくれます(笑)」

渚と一緒に決めたことはいつもうまくいってきた。

「今回も2人で決めたことですから、『大丈夫、きっとうまくいく』と思えるんです」

相方の渚さんに向けたメッセージをもらった。

「渚には、『ホンマにお酒の飲みすぎには気をつけてください』と言いたい。後はとろサーモンの久保田(かずのぶ)さんと遊ぶ回数をもうちょっと減らしたほうが(笑)。

ホンマに大親友で最近久保田さんのお父さんともご飯食べるぐらいで。そうなるとやっぱり必然的に夜ふかしもするし、お酒の量も増えるし。飲みすぎて渚はずっとおなかがゆるいんですよ。体はホンマに大事にしてほしいです」

【後編】解散後の初告白…尼神インター誠子が明かす「宮迫さんとほんこんさんに感謝する訳」へ続く

【PROFILE】

誠子

1988年生まれ。兵庫県神戸市出身。高校卒業後、NSC大阪校に入学し、同期の渚と尼神インターを結成。2024年に解散。料理家の荒谷未来さんとともにライフスタイルブランド「merci(メルシー)」を立ち上げる。

インタビューマン山下

1968年、香川県生まれ。1992年、世界のナベアツ(現・桂三度)とジャリズム結成、2011年に解散。同年、オモロー山下に改名し、ピン活動するも2017年に芸人を引退しライターに転身。しかし2021年に芸人に復帰し現在は芸人とライターの二足のわらじで活動している。