伊藤英明 『海猿』原作者の“2度目の告発”をスルーで「一言程度謝っておけば」と止まらぬイメージダウン

写真拡大

「20年以上前ということもあり、覚えていないということもあります。ここで具体的な話は控えさせていただきたいと思います」

2月16日に行われたフジテレビの定例会見で、こう語ったのは大多亮専務取締役(65)。人気漫画『海猿』の作者・佐藤秀峰氏(50)が今月2日に、noteで明かしていた同作品の“映像化トラブル”に対するコメントだ。

この発言にネット上では、《本当に他人事だね》《あの俳優さんも同じ様な対応だったし》と、批判の声が上がっている。

人気漫画『セクシー田中さん』の作者・芦原妃名子さん(享年50)の急逝に触れ、『海猿』の映像化においても“自らの意思が尊重されなかった”と告白していた佐藤氏。映画の撮影現場を訪れた際には、主演俳優から“非礼”を受けたことも明かしていた。

《プロデューサーが主演俳優を紹介すると言うので挨拶に行きました。撮影前だったらしく、その俳優はピリピリしていました。プロデューサーが話しかけると「原作者?しゃべんなきゃダメ!?」と吐き捨てました。嫌なヤツだと思いました》

すると同日中に、フジテレビ版のドラマと映画シリーズ4作で主演を務めた伊藤英明(48)がInstagramで反応したのだった。

《記事を読みました。『海猿』は僕にとって一生の財産です》と書き出し、《約20年前、現場に出向いて下さり佐藤先生に頂いた原画を今も大切にしています。撮影に携わった全員で過ごした時間も作品も自分の宝物です》と投稿。さらに、佐藤氏から贈られたと思しき原画の写真もアップしていた。

しかしこの投稿が、さらなる波紋を呼ぶことに――。

「伊藤さんは感謝の気持ちを綴るばかりで、佐藤さんが明かした“非礼”について謝罪はおろか一切言及しませんでした。そのため《すごい嫌味》《反論なんだろんうな》と、ネット上で批判の声が上がったのです」(WEBメディア記者)

すると今度は、佐藤氏が10日にnoteを更新。《伊藤さんの大人な対応に、自分の未熟さを恥じ入るばかりです》と反省の弁を綴るとともに、こう“ツッコミ”を入れていた。

《ところで、イラストに書かれた日付を見ると2005年となっています。僕が撮影現場を訪れたのは2012年(もしくは2011年?)の一度きりです。2005年に伊藤さんが会ったという「佐藤先生」とは、一体誰だったのでしょうか》

伊藤がInstagramにアップした原画の写真は、右側に「ドラマおもしろかったです。カッコイイ大輔に期待しています」とのメッセージが。左側には「佐藤秀峰」のサインと、「2005・夏」と記されていた。

両者の主張が正しければ、伊藤に原画を手渡した人物とは一体――。露呈した食い違いは、ネット上で再び憶測を呼ぶ事態に。

現在は東京・新国立劇場で公演中の舞台『欲望という名の電車』で、主演・沢尻エリカ(37)の相手役を演じている伊藤。舞台に集中しているのか、佐藤氏の“2度目の告発”から1週間が経とうとしているが沈黙を貫いたままだ。

伊藤が佐藤氏に言及したInstagramの投稿には、すでに840件以上ものコメントが。ネット上やSNSでも伊藤の“スルー”に、改めて厳しい声が寄せられている。

《一言程度謝っておけば良かったのになあ》
《伊藤は佐藤氏が明かした“非礼”については謝罪することなくスルー。これをみても、伊藤の未だに変わらない態度が見て取れる》
《俳優って頭を下げられない偉い職業なの?》