絵の腕前もプロ級だった

写真拡大

 演歌になじみがない世代でも〈しみじみ飲めば〉というサビを聞けば、ああ、と膝を打つ。名曲「舟唄」などで知られる歌手の八代亜紀が昨年12月30日に73歳で亡くなった。故人をしのぶ声に耳を傾けつつも、気になるのは彼女が遺した資産の行方で――。

【写真】八代さんが70歳で“熟年離婚”した元夫との貴重写真 ほか

 本名は橋本明代。1950年8月29日、芸名の由来である熊本県八代(やつしろ)市に生まれた。父親は農家の息子だったが母親と若くして駆け落ちし、一家は貧しかった。小学校の時に、あるジャズ・シンガーのレコードに聞きほれて歌手を志すも、

「中学卒業後は地元のバス会社にガイドとして就職。しかし、歌手の夢は諦めなかった。八代市内で開催されたクラブのオーディションに、当時15歳だったにもかかわらず18歳と偽って応募。クラブ歌手として働くことになるのです」(芸能デスク)

粋なサプライズ

 16歳で上京後、銀座のクラブで歌うように。やがてその歌声は評判を呼び、21歳にしてテイチクレコードからデビューを果たす。22歳の時に「なみだ恋」が大ヒット。そして79年、28歳の時に「舟唄」でその人気を不動のものとしたのである。

絵の腕前もプロ級だった

「94年には43歳でマネージャーの男性と結婚。おしどり夫婦として知られていましたが、2021年、70歳で離婚しています。女性週刊誌は熟年離婚の原因について、元夫の浮気が原因だと報じました」(前出・デスク)

 波瀾万丈の彼女について、晩年まで親交のあった、俳優の新田純一氏(60)は次のように語る。

「八代さんが私やほかの舞台役者、裏方のスタッフとバリ旅行をした際のことです。全員、参加費として5万円を徴収されていたのですが、現地の空港に着くや否や、封筒を取り出して“お小遣いとして使って”と。封筒の中には参加費の5万円が丸々入っていました。八代さんならではの粋なサプライズです。若手の役者などは特にありがたかったんじゃないですかね」

 苦労を知る彼女ならではの心遣いといえよう。

売却に至った理由

 彼女が昨年3月、総工費1億2千万円の箱根・強羅の約275坪の別荘を売却しているのも、傍目には周囲を気遣った終活のように映る。もっとも、個人事務所の社長に聞くと、

「もともとは八代が30年前に絵を描くために建てたアトリエだったのですが、歳月の経過に伴い建物が劣化。箱根山噴火などの影響により、いろいろと補修工事をせざるを得ない状況にありました。またコロナ禍は県を跨ぐ移動の制限もあった。そんな諸条件が重なって売却に至ったのです」

法定相続人の存在

 では、東京・目黒区にある事務所兼自宅の約70坪の土地(推定価格約2億3千万円)や歌唱印税などの遺産はどうなるのか。

「八代には弟さんがいますが、長い間連絡を取っていないはず。八代は生前から何かあった時のために顧問弁護士と相談をしていました。今は、その弁護士からの連絡を待っている状態です」(同)

 この点、相続問題に詳しい武内優宏弁護士は、

「弟さんは法定相続人にあたるので、八代さんの財産を相続できます。もっとも、兄弟は遺留分(遺言によっても奪うことのできない遺産)が認められないので、八代さんが弟さん以外への遺贈を遺言として遺していた場合、弟さんは相続権を失います」

 彼女は昨年8月末から膠原(こうげん)病を患っていたが、病状は回復傾向にあったという。

 先の社長が言う。

「八代は亡くなる前日まで元気で、復帰を強く望んでいました」

〈想い出だけが行き過ぎる〉のだ。

「週刊新潮」2024年1月25日号 掲載