LCC就航で大激変、いま四国で「観光客爆増」の意外すぎるワケ 香川、高知が日本トップ2に⁉︎

写真拡大 (全4枚)

楽天トラベルが今秋発表した「2019年 秋の国内旅行 都道府県別人気上昇ランキング」で第1位が香川県、第2位が高知県と、四国の2つの県が上位2位を独占した。このランキングは、今年10月から11月の国内旅行の予約人泊数(予約人数×泊数)の伸び率が高い都道府県のランキングで、香川県が45.9 %増、高知県が39.0 %増となった。

これほどまでに四国への宿泊者数がこれまで以上に急増したのはなぜか。その要因について考えてみた。

「瀬戸内国際芸術祭」が索引

香川県が飛躍的に伸びた理由の1つが、直島や小豆島など瀬戸内海の現代アート。この現代アートを目当てに、日本人に加えて世界中からわざわざ訪れる場所になったのだ。

直島/Photo by gettyimages

外国人観光客を呼び寄せるきっかけになったのが、3年に1度のペースで開催される「瀬戸内国際芸術祭」だ。瀬戸内海の12の島々と2つの港で開催され、「海の復権」をテーマに掲げ、美しい自然と人間が交錯し交響してきた瀬戸内の島々に活力を取り戻し、瀬戸内が地球上のすべての地域の「希望の海」となることを目指したイベントとして期間中は多くの人が訪れている。

今年(2019年)は開催の年になっており、4回目となる今年は、春・夏・秋それぞれ約1ヵ月間開催され、今年の秋でいえば9月28日〜11月4日までの38日間の日程で開催されていた。この期間は世界的アーティストの作品も展示されるなど、日本にいながらも海外にいるかのように錯覚してしまうほどだ。

連泊が多いのは「島」のおかげ

この瀬戸内国際芸術祭を目当てに海外から日本を訪れる観光客が増えており、宿泊者数の増加に結びついているが、「島」というのが1つのキーポイントとなる。

このイベントを目当てに訪れる外国人は、できる限り多くの島を巡りたいと思っている。島と島との移動も必要になることから1〜2日で廻るのは難しく、3泊以上する外国人観光客が多く、中には1週間以上滞在する外国人も珍しくない。また日本人も1泊ではなく2泊以上することが多く、特に多くの島との航路がある高松市内に滞在し、毎日異なる島を巡ることも多い。

交通アクセスの利便性が良すぎると宿泊せずに日帰りが中心となってしまうが、船で移動しなければならない分、現地での滞在時間を確保する為にも宿泊しながら巡ることが多い。宿泊してでも日数をかけて楽しめる魅力があると言える。

もちろん、従来通り讃岐うどん巡りや琴平などの定番スポットを楽しむ観光客も多い。最近、一部観光地では、観光客は訪れるが宿泊をせずに日帰りで帰ってしまう場所も多いなかで、宿泊が前提で訪れるスタイルを確立した意義は大きい。

Photo by iStock

芸術祭を訪れる日本人観光客も回を重ねるごとに増加傾向で、特に女性のグループ旅が増えている。オシャレな国際芸術祭自体が瀬戸内、更には四国のイメージアップに貢献していることは間違いない。今では3年に1度、必ず訪れるリピーターも増えていると共に、このエリアに、オシャレな宿泊施設が増えていることも追い風となっている。女性のグループ旅が増えているのも納得だ。

瀬戸内国際芸術祭開催期間中は特に観光客が増えるが、それ以外の時期でも以前に比べると直島や小豆島を中心に観光客全体が増加している。1つの島だけでなく、瀬戸内の各島が一体となって観光客誘致に取り組んだ結果であり、広域連携のモデルとしては他の観光地も学ぶべきことは多いだろう。

LCCを積極的に受け入れる高松空港

香川県の玄関口である高松空港の国際線も年々増えている。現在、台北からのチャイナエアラインが1日1便、香港からの香港エクスプレスが週4便、上海からの春秋航空が週6便就航しており、高松空港発表のデータによると8月の速報値では台北からの利用者が前年比19%増の7947人が利用したほか、上海からは前年比8%増の7517人が利用した。

高松空港/Photo by iStock

台北からの便も8割を超える搭乗率を記録しているが、上海からの便では94.9%という驚異的な搭乗率になっており、今年3月以降は90%以上を維持し続けている。また、ソウルからのエアソウルが従来は1日1往復であったが、日韓関係の悪化により10月27日以降は週3便に減便されているが路線休止にはなっていない。

国内線・国際線ともに飛行機で到着する場合、高松市内に滞在することも多く、加えて関西圏からは明石海峡大橋・淡路島経由で車やバスで入る人や岡山から瀬戸大橋を経由して車や鉄道で入ることができるなど、香川県に入るまでの交通アクセスは充実している。国際線で関西空港に到着し、その後に陸路で四国を目指す人もいるが、高松空港に乗り入れる飛行機も年々充実してきている。

LCC(格安航空会社)が積極的に乗り入れていることも増加の大きな要因になっており、高松空港は先程国際線でも触れたが、香港エクスプレス、春秋航空、エアソウルと3社のLCCが乗り入れており、日本へのリピーター客も多く運んでいるほか、成田空港からもジェットスター・ジャパンが平日は1日2便、週末や繁忙期には1日3便が就航している。

地方都市への国内線LCC路線で1日3往復を運航しているケースは珍しく、最大3便飛ばしていることで、ANAやJALなどの利用者に加え、レジャー中心のLCC客の集客に成功している。航空券を安く購入して高松空港からレンタカーを借りる人も多いそうだ。

女性の一人旅が急増する高知

第2位の高知県は、高知空港は昨年まではLCCの就航がなかったが、昨年(2018年)12月から成田〜高知線と関西〜高知線の2路線をジェットスター・ジャパンが就航したことで、LCCに乗って気軽に訪れるようになったことも大きい。

桂浜/Photo by iStock

さらに今回の宿泊者数増加に大きく貢献しているのが一人旅の増加だ。特に女性の一人旅が前年同期比75.9%増(男性も38.0%増)となっているなど、飛行機で高知に入り、高知城、桂浜、四万十川などを訪れる人も多い。

鰹のたたきや金目鯛など海産物も豊富であり、お酒を飲みながらゆっくり一人でグルメを楽しみながら過ごしたい人にとって、高知はまさにうってつけの場所となっている。また。高知市内にはビジネスホテルも沢山あるので一人旅でも気軽に宿泊出来る点も影響しているようだ。

高松空港と高知空港ともに、これまではLCCが就航していなかった。そのため、札幌や福岡へ行くよりも航空券相場が高く、直前で急に旅に出かけたくなった際の航空券が特に高かった。

しかし、この両空港にLCCが就航したことで、セール運賃ならば片道5000円以下で四国へ行くことが可能となり、直前でも1万円前後で買える日もあるなど、四国へのハードルが下がったことは間違いない。加えて増加する外国人観光客、更には魅力的な観光地の開発に取り組んだことで、四国を訪れる観光客はまだまだ増加する可能性が高いだろう。