富士フイルムのインフルエンザ薬 一部エボラ患者の死亡率を半減

ざっくり言うと

  • ギニアでエボラ出血熱治療に関する臨床試験を行っている医療慈善団体
  • 富山化学工業「アビガン」について、一部患者の死亡率が半減したと発表した
  • 同団体はアビガンが西アフリカ全域で使用されるべきだとの見解を示している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング