米ハワイ州ホノルルの真珠湾にある慰霊施設アリゾナ記念館で献花するドナルド・トランプ大統領(右から2人目)とメラニア夫人(右から3人目、2017年11月3日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】北朝鮮は4日、ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領がアジア歴訪に出発した中、国営メディアの論評を通じて、非核化交渉について可能性はないと主張するとともに、核兵器を増強する意向を示してトランプ政権を新たに威嚇した。

 北朝鮮の国営朝鮮中央通信(KCNA)が配信した「白昼夢にふけるのはやめろ」と題された論評は、米国は北朝鮮政府が国際的な制裁に屈服して核兵器を放棄するだろうとの「ばかげた考え」を捨てるべきだと述べ、北朝鮮は「核の抑止力を実現する最終段階」にあると付け加えている。

 さらに論評は、「われわれとの非核化交渉を夢見るのはやめた方がいい」と述べ、「わが国を自衛する核という宝刀は、米国がDPRK(北朝鮮)に対する敵対的な政策を廃止しない限り、ますます鋭いものになっていくだろう」と続けている。

 北朝鮮の核・ミサイルの脅威が増す中、トランプ大統領は3日、大統領就任後初となるアジア歴訪に先立ち、日米開戦の地となった米ハワイ(Hawaii)州の真珠湾(Pearl Harbor)を訪問。米太平洋軍(US Pacific Command)から状況報告を受けた後、メラニア(Melania Trump)夫人とともに真珠湾攻撃で犠牲になった戦艦アリゾナ(USS Arizona)の乗組員の慰霊施設アリゾナ記念館(Arizona Memorial)で献花を行った。

 トランプ大統領夫妻は5日から日本、7日に韓国、その後も中国、ベトナム、フィリピンを訪問する。
【翻訳編集】AFPBB News