【今さら聞けない】スポーツモデルはなぜボンネットに穴が空いているのか

写真拡大 (全9枚)

同じように見えても大きくわけて2つの種類がある

レヴォーグなどスバル車の多くの車種で見かけるボンネットの穴=ボンネットダクト。これらのダクトは、クーリング性能を高めるためにあけられている。

ひと口にクーリング用のエアダクトといっても大きく分けて二種類ある。ひとつは冷たい外気をエンジンルームに導入するためのエアインテークダクト(エアインレット、エアスクープなどという呼び方もある)。もうひとつ、エンジンルーム内の熱気を車外に放出するためのエアアウトレット。

スバル車のボンネットダクトをはじめ、穴の開口部が進行方向側に広がっているのは、空気を導入する方のエアインテークダクト。

スバル車の場合、あのダクトの下にエンジンの吸気温を下げて充填効率を高めるためのインタークーラーが収まっているので、それに外気を当てて冷やすのが目的。ほかのターボ車にもインタークーラーはついているが、その設置位置はラジエターの前。いわゆる前置きが主流。スバルのような上置きインタークーラーは、少数派だ。

また、スカイラインGT-R(R34)のVspec兇筌縫奪汽R35 GT-RなどのNACAダクト(NASAの前身=アメリカ航空諮問委員会=NACAが開発したダクト形状)は、インタークーラーではなく、ターボチャージャー周辺のクーリングが目的。

三菱ランサーエボリューションのダクトは熱気を抜く目的

一方、三菱のランエボシリーズの純正ボンネットのエアダクトなどは、ラジエターを通過した熱やタービンが発生した熱気を効率よく排出するためのエアアウトレットタイプ。

これらのダクトを設けることで、冷却性能の向上や軽量化などの効果が期待されている。とはいえ、単純に穴を開ければいいというわけでもなく、剛性の問題もあれば、雨水などが入り込むことで、腐食や電気系統のトラブルが出ることもあるし、空気の流れもよく検討しないと、クーリング面でのプラスはなく、空気抵抗が増えただけ……といったことすらあり得る。

もちろん、純正ボンネットのエアダクトや、一流メーカーのエアロボンネットなら、雨水対策等も万全だろうが、社外品を選ぶときは、デザインや材質、重さだけでなく機能性の裏付けのあるものをチョイスしよう。

その他、ドレスアップパーツとして、実際には穴が開いていない、ダミーのダクト、ダミーの膨らみ(=バルジ)も一部にはある。