14日、米ラジオ局ボイス・オブ・アメリカによると、韓国の歴史教科書の国定化について、朴槿恵大統領が、「歴史教育が政争や理念の対立に基づいて国民や学生を分裂させてはならない」と述べた。写真は朴大統領。

写真拡大

2015年10月14日、米ラジオ局ボイス・オブ・アメリカによると、韓国の歴史教科書の国定化について、朴槿恵(パク・クネ)大統領が、「歴史教育が政争や理念の対立に基づいて国民や学生を分裂させてはならない」と述べた。

【その他の写真】

韓国の中学・高校では現在8つの出版社から出版された教科書が使われているが、いくつかの教科書は理念的に偏っているとの批判が朴政権の保守派から上がっていた。朴政権が2017年からは政府から指名された歴史学者らによって書かれた教科書を使用するとの方針を発表したことで、韓国国内では議論が激化している。

朴大統領は14日、米国訪問の直前に、「歴史教育が政争や理念の対立によって国民や学生を分裂させてはならない」と述べた。黄祐呂(ファン・ウヨ)副首相兼教育部長官は、「教科書は、韓国が短期間で民主化と産業化を達成したという誇りある国の歴史を教えるべきである」と述べている。(翻訳・編集/蘆田)