FUJIWARA、リズムネタの「ラッスンゴレライ」に挑戦

写真拡大 (全10枚)

お笑いコンビのFUJIWARA原西孝幸、藤本敏史)が7日、カードゲーム「UNOアタック」のPRイベントにて、後輩芸人である8.6秒バズーカーのリズムネタ「ラッスンゴレライ」に挑戦。コンビ名を「5時間8分ピストルです」と嘘っぽくアナウンスし、その場限りのパクりネタを披露。アレンジを利かせた内容で、注目を集めた。

イベントの途中、FUJIWARAの二人に対し「後輩芸人の持ちネタ『ラッスンゴレライ』を実行せよ」という指令が下った。

その指令に対し、ノリノリだったのは、藤本。「テレビで1回しか見たことがないから」とトボケながら、即座にスタンバイ。そして「5時間8分ピストル」と嘘のコンビ名を自己紹介しながら「全くのオリジナルです」とまで言い切り、笑いを誘った。

藤本は、ガヤガヤ騒がしい声を聞き取って「丸々パクるわけにイカんから」と説明し、「先輩として、これだけアレンジできるのを見せたい」と調子良く返答。「俺はあいつらをリスペクトしている。オマージュやオマージュ」と勝手な言い分を並べていた。

それでも周りから「同じ芸人でパクるのは」と非難されると、藤本は「テレビに出させてもらっていますけど、一般庶民ですから」と飛び出る文句をかわし続けた。

▼ FUJIWARAによる『ラッスンゴレライ』

イベントには、FUJIWARAの他に、よしもとに所属する“UNO好き芸人”のパンサー(菅良太郎、向井慧、尾形貴弘)と、マテンロウ(アントニー、大野大介)ら共に出演。昨年、遊び方をバージョンアップさせた『UNOアタック』の醍醐味をアピールしていた。

都内で行われた「よしもとUNOアタック最強王決定戦」より

(左から)FUJIWARA、パンサー、マテンロウの3組が出演

▼ FUJIWARAの藤本敏史

▼ FUJIWARAの原西孝幸

▼ パンサーの向井慧

▼ パンサーの菅良太郎

▼ パンサーの尾形貴弘

▼ マテンロウのアントニー

▼ マテンロウの大野大介

▼ パンサー × UNOアタック (UNOアタックの遊び方)