渡部竜太さん

写真拡大

「徳川家斉を超えたいんです! 子どもが54人欲しい!」
 そう屈託のない笑顔で語ってくれたのは、渡部竜太さん(36歳)。じつは彼、“事実婚”というかたちで「勝手に一夫多妻をやっている」とか。

「北海道で4人の妻と2人の子ども、みんなで6人暮らしをしていますね」

 当然、日本の法律では一夫多妻は認められていない。現在(取材時)は「“第4夫人”が家出中です」とのことだが、日常の様子をInstagramやYouTubeを通して発信し、炎上することもしばしば……。SNSでは「奥さんたちに養ってもらっているヒモ男」を自称しているが、実際はどうなのか。本人たちに詳しい話を聞いてみた。

◆「年収4000万円ない男はキツい」と言われて失恋

 冒頭の徳川家斉とは、江戸幕府の11代将軍で53人の子どもがいたそうな……。要するに、“日本でいちばん子どもをつくった人”ということで、渡部さんにとって目標とする人物なのだとか。あまりに“ぶっ飛んでいる”が、いつから今のような恋愛観になったんだろうか?

 渡部さんは「僕の実家は、父がタクシードライバーで母が専業主婦の超普通な家庭です。今までの恋愛は常識的なものでしたよ」と笑う。それが、いったいなぜ……。

 転機は30歳の頃、結婚を前提に付き合っていた彼女がいた。

「彼女は18歳で年も離れていたし、未成年だったのですが、きちんと親にも挨拶をして同棲していました。本当に一途でした」

 そんな彼女は相当な資産家の娘で、祖母が「億万長者」だったという。

「お婆様にも気に入られていて、僕は事業を手伝ったり、海外旅行にも連れて行ってもらっていました。それが急に彼女から『年収4000万円ない男はキツい』と言われてフラれてしまったんです」

◆一途な恋愛から「とことん振り切ってやろう!」

 失恋にショックを覚えた渡部さんだったが、逆転の発想で「とことん振り切ってやろう!」と思い至ったという。

「元カノへ復讐というわけではないけど、今まで一途に思ってダメだったから、“じゃあだらしない男になろう”と思いました。早速、マッチングアプリに登録しました。12人と同時交際して何十股もかけていました。性別はオスとして、本能のまま生きる感じです。実際、自分にはこっちの方が合っているな、と感じました」

 16股している最中は、数が多すぎて彼女の名前を間違えてしまうアクシデントなどもあったようだ。そこから少し絞られて12股になり、そのなかにいたのが現在の“第1夫人”の陽咲さんと“第4夫人”の千尋さんだ。

「千尋さんと事実婚をして同棲を始めたのがこの生活のスタート。当初は千尋さんが“第1夫人”だったんですが、彼女は家出癖があるんです。今も家出しているので降格して“第4夫人”なんです」

 なんと、夫人には降格制度があるらしい……。

「千尋さんは5年の間に20回くらい家出していて(笑)。出会った当初は100kg近くあったんですが、僕と結婚するために30kg以上ダイエットしてくれたんですけど、ダイエットがしんどくなりすぎるといなくなっちゃうという。かわいらしいですよね」

◆“一夫多妻”の生活が完成するまで

 そして、千尋さんと同棲を始めて間も無く、陽咲さんが同居するようになったという。いきなり女性2人との共同生活に不協和音は生じないのだろうか。

「ないですね。シェアハウスみたいな感じというか。いきなり同居というわけではなく、その前に何回も3人で遊んでいましたから。それで相性とかバランスを見て大丈夫だな、と感じたので『3人で住もうか』となりました」

 だが、それで終了!とはならず「常にマッチングアプリで新しい夫人を探していました」というから、只者じゃない。