先週、およそ42万人が志願する国公立大学の2次試験が行われた。一方、私立大学では一足先に合格発表が始まっている。

【映像】“明治・青学・立教” 人気急上昇のワケ
 
 受験経験者は一体何を基準に大学を選んでいるのか。Xでは「大学のブランドが人生を左右する」「目指すはMARCH以上だ!」との声がみられる一方、「今時は何を学びたいかが大事だと思うけど」「とりあえず有名大選ぶって人多いよね」といった意見も上がっている。
 
 MARCHとは、明治、青山学院、立教、中央、法政大学の頭文字をとった関東の難関私立大学を指し、学習院を入れてGMARCHと呼ばれることもある。1980年代には私立大学のトレンドを表す指標として使われていた。近年では、上智、明治、青山学院、立教、東京理科大学を指すSMARTという言葉も出現している。
 
 私立大の今のトレンドは?そもそもラベリングは必要なのか。『ABEMA Prime』では、難関私大専門塾の代表らをゲストに招き、考えた。
 
■MARCHはもう古い?難関私大の「序列」に変化

 難関私立大学の序列や呼び名について、難関私大専門塾「マナビズム」代表の八澤龍之介氏は「序列が変化しているわけではない」としつつ、MARCHの二極化を指摘する。「明治、青学、立教の3大学は難易度が上がってきている。また、早慶上理の中で、早慶と上理を一緒にするのはどうかという観点からSMARTが生まれた」と説明。
 
 明治、青学、立教の中でも「特に明治大学は、試験科目や受験日程などの観点で早稲田大学と相性が良く、併願校として人気がある。そういった併願の相性の良さから人気が左右される」との見方を示した。
 
 さらに、「所在地が都心に近いほど人気が高い傾向がある。中央大学の法学部は最近、茗荷谷にキャンパスを移転した。一昔前なら、早慶とW合格した場合に中大法学部を選ぶ人もいたが、近年は人気が下がっていた。しかし茗荷谷に移転してから中央の人気が復活している」と語った。
 
 番組コメンテーターでタレントの山崎怜奈は学生時代、電車とバスを合わせて1日往復2000円かけて慶應義塾大学の湘南藤沢キャンパスに通っていたというが、当時を振り返り、「学費の問題もあるけど、通う距離の問題もある。すでに仕事をしていたので、仕事場の近くか大学の近くに住むかの選択を迫られた。立地の問題は大きい」と明かした。
 
■大学のラベリングは予備校の戦略か?

 また、山崎は「私は、ある先生の授業を受けるために慶大の環境情報学部に進学し、湘南藤沢キャンパスに通った。学校や学部によって特色があるのに、受験に失敗した場合、“GMARCHに入れなかった” “あの人は早慶レベルだ”といったレッテル貼りが起きてしまう。ラベリングがコンプレックスになる。学歴は重要ではない」と、自身の経験からラベリングに疑問を呈した。
 
 これに八澤氏は「学習院を入れることで合格者の総数が増える。GMARCHにGが入ったのは予備校の戦略だろう。関関同立も関西の有名予備校が、名称を作り持ち上げることで選ばれるようになった」と言及。
 
 「ウチは“難関私大専門塾マナビズム”という屋号だが、関西に出店するときは“関関同立専門塾マナビズム”と屋号を変えている。その括りがなくなった場合、ビジネスプランに影響する可能性もある」と述べた。
 
 一方で「自分の学力でどの大学に進学すべきか考えたとき、どこが適切か、ラベリングされていないと選びにくい。子どもが選択しやすくなる」とメリットにも言及した。
 
■企業による“学歴フィルター”

 東大卒のYouTuberあきぴで氏は、現役で国立大阪大学合格も、東大にこだわり1年浪人して東京大学法学部に進学・卒業。自身のチャンネル登録者数は35万人で「東大生あるある」「進学校あるある」の動画で人気を集めている。
 
 あきぴで氏が東大を受けた理由は「サッカーや芸能界で競争するのと同じで、自分は受験で勝ちたかったから」と説明した。しかし東大での生活は「楽しくなかった。合格した時が一番興奮した。あとは惰性で過ごした」と明かした。
 
 その後の進路については「元々、俳優を目指して劇団に入っていたが、挫折して辞めてからYouTubeを始め、今も続けている。高学歴を活かして就職することも考えたが、それ以上に劇団に興味があった」と当時を振り返った。
 
 これを受けてジャーナリストの堀潤氏は「日本は欧米に比べて博士号取得者に対する評価が極めて低い。海外ではきちんと肩書きとして評価されるのに、日本では非常に安く買い叩かれている。高学歴を勝ち取った若い世代に“その先の未来はないだろう”と思わせてしまう日本社会もいけない」とした。「せっかく頑張って東大に入ったのに、“達成感”で終わってしまうのは勿体無い」と続けた。

 実際には企業側が採用時に学歴でふるいにかけることが行われているが、八澤氏は「大企業となると人材採用の時に、一人ひとりを見ることができない。その際、偏差値が高い大学から選んで見ていきたいという考え。大企業になればなるほど、色濃く出てしまうのだろう」と推察した。
 
 堀氏も「企業側も収入が減り、体力がない組織になれば、“即戦力が欲しい”となっていく。余力がある時と比べて採用コストがかけられなくなっているのが現状だ」と指摘。
 
 「演算能力は鍛えられる。繰り返し訓練すればより早く計算できるようになる。公教育から積み上がっていく中で才能を伸ばせると。一方クリエイティビティは天賦の才能と言われる。そこに後天的に体験などが加わり、さらに能力を広げられるかどうかだ。このようにさまざまな指標がある中で、大学のラベリングで企業が人を選んでいるなら、この国は衰退する」と述べた。
 (『ABEMA Prime』より)