「ハーバード・クリムゾン」(同紙HPより)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】米ハーバード大の学生新聞、「ハーバード・クリムゾン」は8日(現地時間)の社説で、旧日本軍の慰安婦は「売春婦」だと主張する論文を発表した同大ロースクールのジョン・マーク・ラムザイヤー教授について、「非常に有害な、歴史学的なうそを出版しようとしている」と指摘した。

 また「ラムザイヤー氏の論文は実在的な根拠がない」とし、第2次世界大戦の前後に旧日本軍が最大20万人の慰安婦を性的奴隷として働かせ、生存者の証言が数十年にわたり続いた事実を提示した。 

 同紙は「どのような意図であれ、慰安婦女性の実存やトラウマ、被害者が受けた虐待を否認する側に拡声器を持たせたという点で実質的な被害を招いている」と強調した。

 また同論文が「学問の自由」の対象という主張にも反論。「この論文は別の意見ではなく虚偽の情報を伝達する」とし、「従って学問の自由を保護する領域に置くことはできない」と説明した。

 その上で、「基本的な事実に反する学術理論は出版する価値がない」として、「あるアイデアが危険で事実と合っていない場合、廃棄しなければならないのと同様に、同論文は出版する理由がない」と主張した。 同紙はまた「われわれの中にホロコーストを否定する論文を擁護する者はいない」とし、「ラムザイヤー氏のうそを出版するのは役に立つより被害を与えることが明らかだ」と指摘した。

 大学側に対しては、「(ハーバードという名が与える)信頼性を性暴力の生存者が実際に受けた被害を否認するのに使うのはラムザイヤー氏とハーバード大が責務を放棄するもの」と主張し、「国際的に批判があるにもかかわらず、大学側はラムザイヤー氏の危険なうそを認めたり反論したりしなくなっている」と批判。ラムザイヤー氏に対し、誤った行動の代価を払わせる必要があると求めた。

 ラムザイヤー氏を批判する署名運動に1万人以上の個人と団体が参加した中、大学側が沈黙を守っているとして、「ハーバード大が先に立って論文は虚偽で有害だと批判するべきだ」と強調した。 同紙は社説について、大多数の編集陣の見解を反映したもので、定期会議での議論に基づいて作成されたと説明した。