窮状訴える鳥貴族社長に声援続々「大倉パパ頑張って!」

写真拡大

居酒屋チェーン「鳥貴族」の大倉忠司社長が、5月14日に放送された情報番組「スッキリ」(日本テレビ系)に出演し、業界の窮状を説明。すると、大倉社長の息子で、関ジャニ∞大倉忠義のファンから、応援する声が続々と上がっている。

この日、新型コロナウイルスの影響で経済的に苦しい状況にある業界の代表として、年間売上およそ358億円の居酒屋チェーン「鳥貴族」の大倉社長がスッキリに出演。

「鳥貴族」は緊急事態宣言を受け、4月4日から直営の全393店舗で終日、臨時休業を続けているため、売り上げは前年同月比3.8%で、大倉社長いわく「ほぼゼロです」とのこと。

大倉社長は苦しい状況の要因として、ほぼ売り上げがないままテナントビルへの賃料として毎月およそ10億円支払わなければならないこと、社員やパート、アルバイトの人たちのために休業手当を支給していることの2点を挙げ、「今まで貯めた内部留保が出ていくだけ。いつまで持ちこたえられるかの勝負です」と窮状を説明した。

ネットでは「大倉パパ、応援してる!」「落ち着いたら、絶対鳥貴族行く」「大倉パパの声初めて聞いた」「大倉パパ、うちの街にも出店お待ちしております」「大倉パパがんばって!!」といった声が上がっている。