中国が米艦船の香港寄港禁止 米に報復措置

写真拡大

中国政府は、アメリカで香港のデモ支援を目的とした「香港人権・民主主義法」が成立したことを受けて、アメリカ軍の艦船の香港寄港を禁止するなどの報復措置を発表した。

中国外務省報道官「アメリカの理不尽な行為に対し中国政府は即日、アメリカ軍の艦船や航空機の香港での整備申請の受付を中止する」

また、アメリカの人権団体「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」など5つの団体について「香港の独立・分裂活動をあおった」などとして制裁対象とすることを発表した。ただ、具体的な制裁の内容は明らかにしていない。

香港人権・民主主義法は先週、トランプ大統領が署名し成立したが、中国側は直後から反発し報復措置を示唆してきた。中国政府はまた「さらに必要な措置をとる」として、さらなる制裁措置をとることも示唆している。