夏目三久

写真拡大

28日放送のバラエティ番組「マツコ&有吉の怒り新党」(テレビ朝日系)で、司会の夏目三久アナウンサーが号泣した。

同番組の「新・3大◯◯調査会」のコーナーでは「意外な趣味の持ち主」をテーマに、現在は式秀部屋の親方となっている元力士・北桜を紹介した。北桜の趣味として取り上げられたのは「ビーズ」、専門誌で取り上げられるほどの腕前なんだそうだ。ビーズを始めたきっかけはお金のない幕下時代、妻にプレゼントを贈りたいとビーズの指輪を作ったことが始まりだったという。それ以降、15年に渡り妻の誕生日に手作りのビーズ作品を送り続けている北桜は、今では妻だけでなく、娘にもビーズのプレゼントを贈っているそうだ。

こうした北桜を紹介するVTRに見入っていた夏目アナは、「奥様いいですねぇ」「素敵な方だなと思って、心がきれいな方で」「ああいう方がどこかにいらっしゃらないかしら」と語り、北桜の真摯な姿勢に心を打たれた様子。

VTRではさらに、ビーズアートを始めて10年目に挑戦した、北桜の最高傑作「ミニュチュアの化粧まわし」を紹介。極小ビーズ1万5750粒を使った大作で、制作の様子を映したVTRには家族と一緒に奮闘し、失敗しても何度もやり直し、家族と共に完成を喜ぶ姿が映されていた。また、北桜は「今うちの部屋には幕内の力士はいないんですけどね、幕内まであがってくれたら、ビーズで化粧まわしを作りたいなと思ってます」と、親方としての思いを語っていた。

夏目アナは、このVTRを観ている最中から何度も涙を拭う姿をみせる。そして、VTRが終わっても泣き続けており、そんな夏目アナを心配した有吉弘行が「どうしたの?」と尋ねると、涙を流しながら「素敵なご家族で」「お弟子さんのために化粧まわしまで…」と、北桜の思いやりや家族愛に心を打たれたと語った。

共演者のマツコ・デラックスも、あまりにも泣いている夏目アナを不思議に思ったのか「今つらいの?」「大丈夫あんた?愛に飢えてるの?」と突っ込む始末。夏目アナは「羨ましいです」と涙ながらに語った。

【関連記事】
夏目三久が「その発想はなかった」という黒柳徹子の喜び方
マツコの「30歳実家暮らし独身女性」についての説教で、夏目アナが涙目
夏目アナが番組中に涙した「異端なフィギュアスケート選手」