成功率アップ?合コンより「朝婚活」がアツイ理由

写真拡大

アフター5の合コンから、“朝婚活”に切り替える人が増えてきました。

最近では、異性と朝食を食べて親しくなる“朝食コン”や、趣味が同じ人が集まる“朝読書コン”、“朝ラン婚活”などが人気のようです。


出典:https://www.shutterstock.com

「質の高い出会いを求めるなら朝の方がいい」とは、恋愛カウンセラーの坂本俊さん。そこで今回は、“朝婚活を始めるメリット”を坂本さんに伺いました。

 

■お酒の力を借りないでよい

まず、夜に開催される“合コン”では、お酒の力を借りて自分を大きくみせようとしたり、調子に乗ったりする男性が少なからず存在します。女性側もお酒が入っているので、相手がカッコよく見えてしまったり、ノリを合わせてしまうこともあるでしょう。

一方で“朝婚活”ならお酒を飲まずに会話できるので、最初から相手の本質を見極めることができます。“コーヒー一杯で話が弾む相手”なら、比較的相性がよい異性だと判断できるでしょう。

朝の出会いなら「後日会ってみたらときめかなかった」「夜会った時はカッコよかったけど、日光の下で見ると何か違う……」というガッカリエピソードもありません。

 

■相手のことを考える時間が長くなる

“朝婚活”がなぜよいのか。それは相手のことを考える時間が圧倒的に多くなるからです。

夜に出会った人は、よほどのイケメンかキャラが濃い人でもないと、寝たら忘れてしまう可能性があります。お酒も入っているので、余計に朝起きたら顔も覚えていない……なんてことも。

それに比べて朝なら、相手のことを忘れにくく、一日中その人のことを考える時間があります。意気投合していた場合、その日のうちに恋が燃え上がることもあるでしょう。

眠ってしまうと記憶がリセットされてしまうので、気になる人がいたら、出会った日に接近することがポイント。何ならその日の夜に、食事に誘うのもアリ。

 

■生活リズムが似ている&比較的高年収が多い

お互いに早起きができる相手ということは、“生活リズムが似ている”ということが言えます。付き合ったあとも、生活リズムの違いでズレが生じることが少ないでしょう。

また、ある調査によると、年収600万円以上の層で朝型派は57.7%であるのに対し、600万円未満の朝型派は39.6%という結果になったそうです。優秀なビジネスマンに朝型人間が多いと言われるように、“朝婚活”にはデキる男が集まる可能性が高いのかもしれません。

 

■一番キレイな状態を見せられる

女性として一番きれいな状態を見せられるのも、“朝婚活”のメリットです。

疲れた顔や化粧が崩れている状態で会うより、朝のエネルギーで前向きな顔を見てもらったほうが、相手の印象もよくなるはず。相手にどう見られるか、という意味でも朝のほうが有利といえるでしょう。

 

朝から素敵な男性に出会えたら、一日中ハッピーでいられるはず。合コンでなかなか成果が出ない……という方は、“朝婚活”に参加してみるのもよいかもしれません。

【取材協力】

※ 坂本俊/恋愛カウンセラー。普段はサラリーマンとして働くかたわら、口コミを中心に悩める20〜30代の男女に恋愛相談をおこなう。自身の豊富な女性経験に裏打ちされたリアリティのあるアドバイスが人気。

【画像】

※ DisobeyArt/shutterstock

【関連記事】

※ いつもワンパターン!エッチが下手な男性がやりがちな失敗

※ 【手相占い】危険を察知!あなたの“霊感”の強さ

※ 【生まれた順でわかる彼の出世度】真ん中っ子はワンマンタイプ!