毎月のスマホ料金を少しでも安くしたいなら、格安SIMがオススメです。

でも格安SIMってたくさんあって、どれを選べばいいのかわかりにくいですよね。

そこで、auiPhoneをSIMロック解除をしなくてもそのまま使用できる格安SIM4社の料金を比較してみました。

auのiPhoneがそのまま使える格安SIM

今回比較した格安SIMは以下の4つです。

すべてauのiPhoneであれば、SIMロック解除をしなくてもそのまま使用できる格安SIMですよ。

mineo(マイネオ)UQmobileIIJmio(みおふぉん)Fiimo(フィーモ)

音声通話対応プランで比較

今回は各社の音声通話+データSIMプランで比較しました。
結果は以下の通りです。

mineoUQmobileIIJmioFiimo500MB1,310円---1GB1,410円---3GB1,510円1,680円1,600円1,600円5GB---2,300円6GB2,190円-2,220円2,300円10GB3,130円-3,260円3,350円20GB4,590円-※(+3,100円)-30GB6,510円-※(+5,000円)-無制限-※2,680円--

※IIJmioの20GB、30GBはオプション料金です。別途基本データ料が必要となります。
※UQmobileの無制限は送受信最大500kbps

パケット使用量が少ないならmineoがおすすめ

各社のプランを比較してみると、mineoが圧倒的にプラン数が多いですね。月500MBからプランが選択できるので「ほとんどWi-Fiで外ではあまりパケットを使用しない」という方はmineoがおすすめです。

また、UQmobileはたくさんパケットを使いたい方向けに無制限プランが設けられています。毎月たくさんパケットを使用する方にぴったりですが、通信速度は最大500kbpsと少し遅めなので高画質動画の視聴などには少し影響が出そうです。

通話料や各種オプションもチェックしよう

今回はau回線の音声通話付き格安SIMでデータ基本プランのみを比較しました。

実際に使用する際は、この料金に20/30秒の通話料金(アプリからの通話で安くなる場合もあり)がプラスされます。通話をたくさんする方は、各社が提供している国内通話無料のオプションや無料通話付きプランを選択したほうがいいでしょう。

また各社異なるオプションサービスを提供しているので、オプション内容も確認した上で使用する格安SIMを選んでくださいね。

参考

→mineo-料金 auプラン(Aプラン)
→UQ mobile-その他の料金プラン(UQ mobile)
→IIJmio-料金・仕様(タイプA/au網)
→Fiimo-料金