docomo、au、SoftBankの携帯電話・スマホを使っている人のほとんどは、各キャリアと2年契約を結んでいます。

契約期間の途中で解約・他社へMNPを行った場合は、一般的には9,500円(税抜)の契約解除料が発生します。(契約しているプランにより金額が異なることもあります)

契約解除料は2年に1度訪れる「更新月」を待って解約すればかからないので、更新月のタイミングで解約や乗り換えを行う人が多いですよね。

でも、auを長期で契約しているユーザーであれば、この契約解除料が3,000円で済む場合があるのを知っていますか?

auの解約金が安くなる条件を解説します!

au加入11年目以降の解約は安い!

ほとんどの人がauと結んでいる2年契約(旧誰でも割)。これはauを2年継続して利用することを約束する代わりに基本使用料が割引になるという契約です。

なので、途中で解約すると9,500円の契約解除料がかかるんですね。


画像引用元:au

しかし、この契約解除料が割引になる場合があります。

それは、au加入年数11年目以降で「2年契約 (誰でも割)」と「家族割 (または「法人割」)」をセットで加入している場合です。

この場合、通常9,500円の契約解除料が3,000円に割引となります。

auのHPでは、以下のように説明があります。

更新期間以外で、解約・一時休止・「2年契約(誰でも割)」の廃止をされた場合には、「2年契約 (誰でも割)」ご加入年数に関わらず、契約解除料9,500円がかかります。更新期間の場合は、契約解除料はかかりません。auご加入年数11年目以降で「2年契約 (誰でも割)」と「家族割 (または「法人割」)」をセットでご加入の場合、契約解除料は3,000円となります。

ほとんどの人が2年割には加入していると思うので、加えて家族でauを利用し家族割を組んでいる場合、auを契約して11年目以降のユーザーは契約解除料が安く済みますよ。

家族割を組んでいない場合は、契約11年目以降でも契約解除料が安くならないので注意が必要です。

更新月を待たなくてもお得に乗り換え

契約解除料が3,000円で済むのなら、更新月を待たずにすぐ他社キャリアや格安SIMに乗り換えるのもアリですよね。

auを家族と一緒に長く使っている方は、1度自分の契約年数を確認してみましょう!

参考

au-2年契約(誰でも割)