油断したらダルダルに!プロがやってる「二の腕引き締め」ストレッチ

写真拡大 (全3枚)

季節が過ぎるごとにのしかかってくることを避けられないのが“加齢”。それとともにだんだんと筋肉は衰え、重力に逆らえず、気がつけば二の腕が“ダルダルの振り袖”になっているなんてことはありませんか? このたるみは、年齢を重ねるごとに大きくなっていきます。

しかし、たるみの原因が加齢の場合は、今から対処しておけば、歳を重ねてもノースリーブが似合うスッキリな腕にすることができます。

そこで今回は、姿勢調律士の筆者が、実際に実践している二の腕ストレッチをご紹介します。

■二の腕スッキリ!お祈りのポーズ

(1)四つん這いの姿勢からスタート

IMG_0188

まずは四つん這いの姿勢をとります。ひざ、腕はそれぞれ90度になるようなポジションをとりましょう。

(2)ワキを締めてお祈りポーズ!
IMG_0189

鼻から息を吸い、口から息を吐きながらひじを曲げていきます。このときワキはしっかりと締めておくことがポイントです。

二の腕の裏、上腕三頭筋と呼ばれる部位にしっかりと体重が乗っているのを感じましょう。お尻を引いてしまうと体重が思うように上腕三頭筋にのりません。

また、あごはしっかり引き、首筋を伸ばします。

(3)ゆっくりとひじを伸ばして体勢を戻しましょう

ひじが曲がったら鼻から息を吸い、口から息をはきながらゆっくりとひじを伸ばしていきます。このときも、ワキはしっかりと締めましょう。

いかがでしたか? はじめはツラくてなかなかしっかりひじを曲げることができないかもしれませんが、徐々に深く曲げられるようになります。

1日3回をベースに習慣化し、美しく引き締まった二の腕を作っていきましょう!

【筆者略歴】

野口早苗 ・・・3歳からのダンス経験を生かし国内外でプロダンサーとして活躍後、姿勢調律士として正しい姿勢の普及活動を行う。姿勢によって、より心と身体を健やかに美しく磨くための方法をご紹介。

【画像】

※ pathdoc / Shutterstock