友人と疎遠になってしまうのは、一体いつ頃なのだろう?海外の研究者がこのほど、調査とデータ分析を通じて、人々が友人を失い始める曲がり角となるのは25歳であるという結論に達した。

写真拡大

友人と疎遠になってしまうのは、一体いつ頃なのだろう?海外の研究者がこのほど、調査とデータ分析を通じて、人々が友人を失い始める曲がり角となるのは25歳であるという結論に達した。金陵晩報が伝えた。

○25歳は新たな人間関係が始まる「ターニングポイント」

学術誌「Royal Society Open Science」の掲載論文によると、英オックスフォード大学とフィンランド・アールト大学科学技術校の研究者がこのほど、欧州の某気通信事業者によって提供された通話記録を分析し、320万人のヨーロッパ人を対象に電話の習慣について 研究を進め、友人と疎遠になる年齢について調査した。その結果、人々が新たな人間関係を形成し始める年齢は25歳であることが判明した。

専門家によると、男女を問わず、25歳という年齢は人間関係がピークに達する時期で、交際範囲が最も広く、かつ豊かになる。その後、だんだんと、友人や知人との連絡が途切れがちになり、人間関係の重点は子供や仕事関係など別の場所にシフトしていく。さらに、自分自身のための時間の大切さに思いを馳せるようになる。45歳になると、この傾向は再び穏やかになり、平穏期に入っていく。

調査データをより細かく分析したところ、若い頃は女性より男性の方が友人の数が多い傾向にあった。だが、39歳を過ぎると、この形勢は逆転し始める。39歳の時点で、友人の数は男女ともだいたい12人から15人の状態となる。

○あなたが友人と疎遠になり始めたのはいつ?

卒業するたびに再構築される「友人の輪」

汪さん(25)は今年大学院を卒業、学生の身分に別れを告げ、社会人になった。彼女にとって、小学校に入ってから、学校を卒業するたびに「友人の輪」が新たに構築されてきた。今年の大学院卒業が「最後の」卒業となり、同じことが繰り返されるに違いないという。「卒業後は学生時代の友達とはだんだんと疎遠になり、新たな環境で新しい友達ができる。友人の輪は卒業や進級と同時に再構成される。もしもずっと同じ環境で生活し続けていたなら、感情面で起伏の少ない人間になってしまっていただろう」と話した。

○子供を産むと、「友達の輪」は「ママ友グループ」に

李さんは今年下半期に小学校に上がる子供を持つ母親だ。ここ数年の「友達の輪」の変化について、次のように話した。

「大学を卒業して働き始めると、友人は会社の同僚が多数を占めた。結婚後は、夫の友人たちも『友達の輪』に加わった。子供を産むまでは自分の『友達の輪』は大きくなる一方で、当時の私は完全に対応することができた。だが、子供が生まれてからは、自分のあらゆる関心が子供に向けられるようになり、『友達の輪』を大きくする時間など無くなった。今の『友達の輪』も、整理する時間もないまま、だんだんと縮小し、『ママ友グループ』だけが残った」

○加齢とともに結びつきが固くなる『友達の輪』

女性の張さん(68)は、「私の今の『友達の輪』は同じコミュニティーに住む数人の同世代の女友達ばかりだ。基本的には、ほぼ毎日集まり、楽しい時を過ごしている」と話す。長い間連絡を取り合っていない旧友がいるかどうかを尋ねたところ、「私の世代の人間は、友人の数はそれほど多くないが、友人とは長い付き合いが続いている。引っ越しをした場合を除き、友人と連絡が途絶えることなどあり得ない」という答えが返ってきた。(提供/人民網日本語版・編集/KM)