十分な食事が取れていなかったり、孤食を強いられている子どもたちのため――そんな思いから始まった「子ども食堂」が急速に増えている。食堂を通じて子どもの環境は変わったのか?実態を探った。◆一人の子どもを支援したい。私的な思いから広がる居場所「美味しすぎて、もうお腹いっぱい!」肉じゃがを平らげた女の子が満足げな表情を浮かべるなか、先に食事を終えた2人の男の子はゲームに興じていた。「おもちゃのちゃっち