難病と戦った元オランダ代表DF、43歳で死去Qoly

元オランダ代表リックセン氏、難病「ALS」と闘病も43歳で死去

  • 18日、元オランダ代表DFフェルナンド・リックセン氏の死去が発表された
  • 2013年に難病「ALS」を罹っていることを告白し、闘病生活を送っていた
  • 6月には自ら「死が近い」と明かし、ホスピスにて43歳で亡くなったという

ランキング