(17日、プロ野球ドラフト会議)今夏の甲子園で準優勝した石川・星稜高の奥川恭伸(やすのぶ)投手は、ヤクルト、阪神、巨人の3球団が1位で競合。「どこに行っても頑張っていこうと決めていた」。抽選の末にヤクルトが交渉権を獲得しても、真剣な表情を崩さなかった。ヤクルトの印象を、「ファンと一体となっていて