新田真剣佑

写真拡大

 5月12日から新田真剣佑ハリウッド初主演映画『聖闘士星矢The Beginning』のアメリカでの上映が始まった。

【写真】「こんな顔だったっけ?」真剣佑の近影に衝撃が走る

“有名マンガ史上最も残念な実写化

「日本では4月28日から公開され、『国内映画ランキング』では、初登場で8位にランクインしましたが、すぐに圏外に。日本での評判は良いとは言えませんね。公開から3日間の興行収入は4000万円ほどで、同時期に公開された『ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー』は18億円ですから、その差は歴然です」(映画誌ライター)      

 製作費には80億円かかったと言われており、満を持しての公開となったが、事実上の“大コケ”となった。一方のアメリカでも評判は思わしくないようだ。

「週末3日間の興行収入は日本円で約7千万円でした。一方の『マリオ』は約20億円ですから、アメリカでも圧倒的な差をつけられています。アメリカの大手レビューサイトの評価は10点満点中4.5点で、英語で“歴史上最もひどい映画だ”や“有名マンガ史上最も残念な実写化”などと酷評されています」(前出・映画誌ライター・以下同)

 ただ、有名漫画のハリウッド実写化が失敗に終わってしまったのはこれが初めてではない。

ONE PIECEとヒロアカも実写化

「同レビューサイトで'95年公開の『北斗の拳』は3.9点、'05年公開の『ドラゴンボール』にいたっては2.5点と、『聖闘士星矢』を下回る評価を叩き出しています。こちらも“史上最悪の実写化”や“暇つぶしだとしても、絶対に観ない方がいい”などの辛口レビューが並んでいますね」

 奇しくもこの3作は『週刊少年ジャンプ』の連載の超人気作品。やはり原作を超える
ことは難しいのか。

「この3作について“原作にリスペクトがない”とのレビューも少なくありません。海外でも根強い原作ファンがたくさんいますから、その点で厳しく評価されてしまうのは仕方がないことでしょう」

 一方で、『週刊少年ジャンプ』漫画の実写化は続くようで……。

「ハリウッド実写化ドラマ『ONE PIECE』がネットフリックスで今年公開予定となっています。『聖闘士星矢』で主演を務めた真剣佑さんは、同作にもロロノア・ゾロ役としてメインキャスト入り。また、公開日などの詳細は未定ですが『僕のヒーローアカデミア』もハリウッド実写化が決定しています」

 『週刊少年ジャンプ』実写化の呪いが解ける日は来るのだろうか。