日本ビジネス開発は4月6日、JMGO社が製造する家庭用Android TV搭載プロジェクター「N1 Ultra」の国内での販売を発表しました。同日から予約受付を開始し、5月15日に発売を予定しています。

Android TV搭載の家庭用プロジェクターとしては日本で初めて、日亜化学工業が製造する赤・青・緑の3色レーザー光源モジュール「AuaLas RGB」を搭載するのが特徴。単色や2色のレーザー光源と比べて色の最限度が高く、次世代の色域規格であるBT.2020のほとんどをカバーします。

レーザー光源のプロジェクターに生じる「スペックルノイズ」と呼ばれる映像のざらつきを低減。上下左右に高速で振動する板によりレーザー光を混ぜ合わせて滑らかにするJMGOの独自技術「ライトスペックル低減技術」と、日亜化学の波長制御技術により実現しています。

左右に360°、上下に135°回転するジンバル機構を搭載。「シームレス台形補正」機能により、投影する角度を変えてもリアルタイムに台形補正を適用するので設置場所の自由度が高く、天井にも手軽に投影できます。

OSは最新のAndroid TV 11で、さまざまな映像ストリーミングサービスやアプリに対応。デンマークのオーディオメーカーDYNAUDIOの10Wスピーカーを2基搭載し、Dlby AudioとDTS HDに対応します。

市場想定価格は28万3360円(税込)。JMGOのウェブサイトでは5月14日までの先行予約期間、15%OFFクーポンを発行する他、先行予約期間に予約すると専用スタンドをプレゼントするキャンペーンを実施中です。

【予約・クーポン利用で15%OFF】JMGO N1 Ultra 映画館級の3色レーザーを搭載したジンバル一体型4Kプロジェクター
- JMGO(ジェイエムゴー)- JMGO プロジェクター日本公式
https://jmgo.jp/products/jmgo-n1-ultra