アイスクリームバー(2020年7月15日撮影、資料写真)。(c)Ida Marie Odgaard / Ritzau Scanpix / AFP

写真拡大

【AFP=時事】「アイスクリームのエルメス(Hermes)」とも呼ばれる中国の高級アイス「鍾薛高(Chicecream)」が、火を近づけても全く溶けないとインターネットで物議を醸している。

 火であぶってもそのままの形を保っている鍾薛高のアイスバーの動画が拡散。室温31度の部屋に1時間放置しても全く溶けないという。

 鍾薛高のアイスは最も高いもので66元(約1300円)することから、価格設定を疑問視する声や、添加物が過剰に使われているのではと懸念する声が上がっている。

 鍾薛高は6日、自社の製品は国の安全基準に従っていると説明した。

 同社は微博(ウェイボー、Weibo)に「焼いたり、乾燥させたり、温めたりしてアイスクリームの品質を評価するというのは科学的ではない」と投稿。16万8000件以上の「いいね」が付いた。

 AFPは火でアイスを焼く動画の真偽を確認できていない。

 大量生産されるアイスクリームには通常、安定剤が使われており、米食品医薬品局(FDA)も認可している。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
「バニラ景気」に沸くマダガスカルの熱狂と苦悩
「マクドナルドは絶対腐らない」、10年前購入のハンバーガーをライブ配信 アイスランド
デンマークのアイスクリーム会社、商品名「エスキモー」を変更 先住民に配慮