昨年末に刊行され、60万部を突破する大ベストセラーとなった田中みな実の写真集「Sincerely yours...」(宝島社)。同書の編集を担当したK氏が、石原さとみに関連する金銭トラブルを起こし、所属する宝島社を解雇処分となったことが「週刊文春」の取材でわかった。

【画像】異例の大ヒットとなっている田中みな実の写真集「Sincerely yours...」


石原さとみ ©共同通信社

「ヌード写真集でないにもかかわらず、この部数は異例の数字です。スタイル抜群の田中をめぐっては数年前から多くの出版社がアプローチしていたが、彼女は頑なに応じなかった。そんな彼女を2年がかりで口説き落とし、出版にこぎつけたのがK氏なのです」(宝島社関係者)

 現在37歳のK氏は、アンミカの書籍や元NGT48の山口真帆の写真集を手掛けるなど、ヒットメーカーとして知られる存在だ。2017年に発売され、累計15万部を記録した石原さとみの写真集「encourage」の担当編集者でもある。今回トラブルになったのは、他でもない石原の写真集に関するものだった。

「今年に入って石原さんの写真集の印税に、未払い分があることが発覚した。これにホリプロが大激怒。宝島社に対して、強硬に抗議したのです。それを受けて宝島社の局長がホリプロへ謝罪に訪れています。ただK氏本人は、『未払いは全く身に覚えがない。きっちり支払っている』と周囲に説明しています」(同前)

 この印税未払いトラブルによって宝島社の雑誌作りにも多大な影響が出ている。

「3月27日に発売予定だった『リンネル』、3月23日発売予定の『SPRiNG』の2冊が突如、発売延期となりました。というのも、この2冊は石原さんが表紙を飾る予定だったのですが、ホリプロから降板する旨の連絡があったのです。すでに石原さんの写真撮影を終え、見本もできていたが、表紙を差し替えることに。結局、『リンネル』は4月13日、『SPRiNG』は4月22日に発売となりました」(同前)

 事態収拾のため、宝島社がK氏に下したのは解雇という重い処分だった。小誌の取材に、宝島社の蓮見清一社長は「(K氏は)解雇です」と認めた。改めて同社に取材を申し込むと、トラブルの事実も認めた。

「印税の未払いという弊社の不手際により、ホリプロ様にご迷惑をおかけし、大変申し訳なく思っています。ホリプロ様からは一定のご理解をいただき解決しております」

 K氏の携帯を鳴らすと「(解雇は)事実です。突然のことでただただ困惑し、絶望しています」と答え、電話は切られた。一方のホリプロは「回答を差し控えます」とコメントした。

 4月9日(木)発売の「週刊文春」では、K氏と石原サイドの金銭トラブルの発端となった会食や、田中みな実とK氏の関係についても詳報する。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2020年4月16日号)