5日に放送した「バイキング」(フジテレビ系)で蛭子能収がサッカー・アルゼンチン代表選手、メッシの名前がわからず「シメジ」と答えた。

蛭子は番組の企画で小林麻耶アナウンサー、雨上がり決死隊の宮迫博之、蛍原徹ともに埼玉県のフットサルコートを訪れていた。そこで「世界が尊敬する日本人100」に選ばれたという、リフティングパフォーマンス集団「球舞」の演技を鑑賞した。

球舞がFIFA(国際サッカー連盟)から“ロナウジーニョに匹敵するボールさばき”という評価を受けたことから、宮迫は蛭子に「ロナウジーニョわかります?」と質問した。

この問に対し蛭子は「わかります、わかります。でも今回の(W杯)には出ていません」と返し、「もっとスターがブラジルには出てきましたから。えーっと、マイネール?」とブラジル代表のネイマール選手を「マイネール」と呼んでしまった。

さらに宮迫は「アルゼンチンは? アルゼンチンのスターは?」と質問した。すると蛭子は「アルゼンチンのスターは…、あれでしょ、えーっと、シメジ…?」と回答し、スタジオの爆笑を誘った。

【関連記事】
一青窈が「アナザースカイ」で胸の谷間を強調した衣装 台湾や家族を語る
あまりにも多すぎる「会いたくて」への皮肉か!? 「西野カナゲーム」が流行
明石家さんま 紅白歌合戦への出演を断った過去を明かす