※イメージ画像:「恋のミタパン」ポニーキャニオン

写真拡大

 フィギュアスケートの羽生結弦選手(19)がソチ五輪の男子シングルで日本人史上初の金メダルに輝き、その祝福ムードがいまだ冷めやらない。女形のような華奢なスタイルと甘いマスク、プーさんのぬいぐるみが大好きでスイーツに目がないという乙女男子ぶり、それでいて世界トップの実力で王子様のような華麗な演技で観客を酔わせる。このギャップに世の女性たちはメロメロだ。

 テレビ各局もこの人気にあやかろうと、ソチに設置した特設スタジオに羽生選手を招き、その肉声をお茶の間に届けている。ところが、ある女子アナの対応が視聴者の大ヒンシュクを買ってしまった。

 その女子アナとは、フジテレビの“ミタパン”こと三田友梨佳アナ(26)。17日に放送された朝の情報番組『めざましテレビ』(フジテレビ系)で三田アナが羽生選手を取材した様子が流された。表彰式を取材した三田アナだが、その途中で感極まって号泣。歴史的快挙に感動した気持ちがあふれ出てしまったのだろうが、ネット上の視聴者からは「リポートする気あるのか」「この人、毎度毎度泣いててウンザリ」「ミタパンより羽生くんの顔を映せよ」「これって選手じゃなく女子アナがメインなの?」などといった批判が噴出した。同番組では、これまでも連日羽生選手の取材リポートをしていたが、その内容は羽生選手の演技と三田アナのアップを交互に映すなど、どちらがメインか分からない構成だった。

 その後、羽生選手がスタジオに登場。ここで三田アナは「触らせてもらっていいですか?」と言い出し、若干困惑気味の羽生選手の首から下げられた金メダルを手にとった。三田アナは上目遣いで「あ、大きい。大きいですね!」と感想を口にしながら大げさにも思えるリアクション。これもなぜか視聴者の間で物議を醸すことになり、ネット上には以下のような意見が上がっている。

「羽生くんの金メダルに気安く触るんじゃねえよ!」
「媚び媚びオーラ全開でドン引きした…」
「なれなれしいし、言動がいちいちウザい」
「上目遣いで『大きいですね』って朝から何やってんの」
「羽生くんを見詰める三田アナの目が狩りをするヒョウのようだった」
「ああいう女子アナには近付いてもらいたくない」

 フジ女子アナ特有の“ぶりっ子キャラ”に不快感を抱いた女性ファンが多かったようだ。同じようなケースでは、タレントの芹那(28)も羽生選手がショートプログラムで1位になった直後に「すごくかわいい、王子様みたい」「スケートを教えてもらいたい」などと発言し、ファンから「あざとすぎる」「羽生くんを売名に使うな」と大バッシングを浴びている。その一方、はるな愛が「すっかり羽生くんのトリコ」「本物の王子様」などと囲み取材でコメントしても、全くバッシングの対象になっていない。どうやらファンは、羽生選手に擦り寄ろうとする若い女性タレントや女子アナの“媚びた態度”に敏感になっているようだ。

 三田アナの言動だけでなく、スポーツを感動バラエティーのように扱っている『めざましテレビ』の番組構成にも疑問の声が上がっている。帰国後はさらなるメディア露出が予想される羽生選手だが、その扱い方でメディアの質が問われることにもなりそうだ。今後は国民的ヒーローに擦り寄ってくる女性タレントや女子アナも増える一方になることが予測されるだけに、ファンが大激怒する事態が頻発するかもしれない。
(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops)