photo by Shinya Suzuki via flickr(CC BY 2.0)

写真拡大

 マクドナルドとシェイクシャック、すなわち、既存大手ファストフード・ハンバーガーチェーンと新興高級バーガーチェーンを代表する2社であるが、米国における株価の方向が真逆となっている。

 マクドナルド・コーポレーションの株価は1970年代からの長期上昇トレンドを形成している。1970年1月に0.33ドルであった株価は、2017年9月19日の終値は157.43ドルである。

 一方、2015年1月30日にニューヨーク証券取引所に新規株式公開(IPO)を行ったシェイクシャックは、株式公開21ドルに対して初日の株価は公開価格から倍以上の45.90ドルで、1億500万ドルの資金調達を行い、2015年5月に92ドル台のピークに達した後は下落トレンドへと転じ、2017年9月19日の終値は31.9ドルである。

◆アメリカも日本も好調なマクドナルド

 日本のマクドナルドと米国株式市場でのマクドナルド・コーポレーションとは別会社である。日本マクドナルド株式会社はマクドナルド・コーポレーションとライセンス契約を締結しており、その契約に基づき システムワイドセールス(直営店舗とフランチャイズ店舗の合計売上高)の3.0%をロイヤルティとして支払っている。

 日本マクドナルド株式会社は、2016年1月〜12月期(第 15 期)、131億5400万円のロイヤルティをマクドナルド・コーポレーションへ支払っている。(参照:日本マクドナルド 第 15 期決算公告) 日本のマクドナルドの決算が黒字であろうが赤字であろうが、売上に応じたロイヤルティが米国のマクドナルド・コーポレーションに支払われることは注目に値する。

 このように、日本マクドナルド株式会社、および、親会社の日本マクドナルドホールディングスと、米国マクドナルド・コーポレーションとは異なる会社ではある。

 しかし、ロイヤルティを支払う側の日本のマクドナルドも、。2014年には、チキンマックナゲットを製造していた提携先の中国工場が、使用期限切れ鶏肉を使っていたことや、2015年には異物混入事件が起きたことなどもあり、最悪な時期があったものの、直近ではそれを脱している。

 日本マクドナルドホールディングスは、8月9日の17年1〜6月期の決算会見で、サラ・カサノバ社長兼CEO(最高経営責任者)は「上半期としては1店舗当たりの売上高が2001年の上場以来、最高になった」と発表した。通期の最終利益も従来予想の145億円から200億円へと今年2度目の上方修正をした。

 米国のマクドナルド・コーポレーションに関しては、7月25日に発表した2017年4〜6月期決算(参照:McDonald’s Reports Second Quarter 2017 Results )は、純利益が前年同期比28%増の13億9510万ドル(約1560億円)。世界全体の既存店売上高は6.6%増。米国では低価格ソフトドリンク、食材の品質にこだわったサンドイッチの新メニュー「シグネチャー・クラフテッド」により3.9%売上が増加したという。

 ちなみに、「シグネチャー・クラフテッド」メニューでは、客が肉やパンの種類、トッピングを選ぶことができ、クォーターパウンダーに生の牛肉が使用される。

◆日本では大人気のシェイクシャックだが……

 一方のシェイクシャックだが、日本のシェイクシャックの店舗を見る限り、米国株式市場でのシェイクシャックの株価下落トレンドは理解できないかもしれない。日本のシェイクシャックは、大人気で、行列ができているからだ。

 日本では、2015年11月13日、シェイクシャックは、サザビーリーグと組み、東京で1号店を明治神宮外苑内に開業した。2016年4月には、アトレ恵比寿西館に2号店をオープンした。新宿サザンテラス、有楽町の東京国際フォーラムにも、シェイクシャックの店舗がある。