就活スタイル編集部

写真拡大



就活生にとっては、自分が希望する業界がどんな実態かを調べる「業界分析」は意外と大変ですよね。ネットの情報を集めるだけでなく、OB・OG訪問などを通じて調べたり、友人の感想を聞いたりと、結構骨が折れる行為です。しかしながら、就活経験者の人からは「業界分析をしっかりやったほうが良いよ」とアドバイスをもらうことも多いですよね。今回は就活経験のある若手社会人のみなさんに「業界分析」をすべき理由について聞いてみました。

<業界分析をするべき50の理由>

面接で「自分を動物で例えると何?」と聞かれたら、なんて答える? 「あなたを動物で例えると」診断

1.自分のためだから(男性/22歳/電力・ガス・石油)

2.自分に合う業界を知るため(男性/26歳/その他)

3.業界の基礎知識を身に付けるため(女性/25歳/小売店)

4.知ることで理解できることがあるから(女性/23歳/学校・教育関連)

5.社会人になったあとに自分を生かすために必要だから(女性/24歳/その他)

6.自分の成長とともに業界も成長していけるのかはとても重要だから(男性/34歳/建設・土木)

7.不安定な業界に入ると大変なことになるから(男性/24歳/団体・公益法人・官公庁)

8.向いている業種か向いていないかを判断するため(女性/23歳/ホテル・旅行・アミューズメント)

9.市場調査に必要だから(男性/25歳/機械・精密機器)

10.全体的な業界組織図を知るべきだから(男性/24歳/情報・IT)

11.どんな年齢でどんな仕事をするかを知ることで将来の自分をイメージしやすくなるから(女性/23歳/ホテル・旅行・アミューズメント)

12.業界のことを知らないと壁にぶつかったときにくじけてしまうから(男性/32歳/学校・教育関連)

13.自分の希望を明確にするためには必要なことだから(男性/29歳/情報・IT)

14.将来設計を見据えるのには重要だから(女性/25歳/自動車関連)

15.現在・過去・未来の動向や予測に役立つから(女性/31歳/商社・卸)

16.離職率がどのくらいかを知るべきだから(女性/23歳/団体・公益法人・官公庁)

17.業界全体のイメージを把握するため(女性/23歳/情報・IT)

18.面接で聞かれることに備える必要があるから(女性/23歳/医療・福祉)

19.表面的な情報だけでは嘘があるから(男性/31歳/医薬品・化粧品)

20.未来の市場規模は自分の生活に直結するから(女性/27歳/その他)

21.給料と仕事内容のバランスを知るため(男性/25歳/ホテル・旅行・アミューズメント)

22.ブラック企業を見抜く目を養っておく必要があるから(男性/28歳/その他)

23.自分の人生がかかっているのだから(女性/24歳/学校・教育関連)

24.行きたい業界の将来性を分析することは大事だから(男性/30歳/建設・土木)

25.しっかり見定めた上で就職すべきだから(男性/23歳/通信)

26.自分の未来像を予想できるようになるから(男性/32歳/情報・IT)


27.自分の希望を明確にするために分析して理解することが必要だから(女性/31歳/団体・公益法人・官公庁)

28.業界の動向を知ることは必須(女性/24歳/商社・卸)

29.それぞれの特徴は業界分析しないとわからないものだから(女性/24歳/電力・ガス・石油)

30.転職するにしても、最初の業界内の場合が多いから慎重に分析しておいたほうが良いので(男性/28歳/商社・卸)

31.自分の適性を知るためには業界を分析するべきだから(女性/25歳/情報・IT)

32.自分の人生に大切なことだから(女性/22歳/医療・福祉)

33.その業界の成長度を把握することで判断できることは多いから(男性/24歳/情報・IT)

34.どのような仕事をするかがまずは重要になるから(女性/34歳/小売店)

35.それぞれの業界によって傾向と対策があるから(女性/24歳/自動車関連)

36.求められている人材に近づけているかの判断になるから(女性/24歳/その他)

37.進みたい業界の現状を知っておかないと、今後衰退していく恐れもあるため(女性/27歳/学校・教育関連)

38.ブラック企業が多い業界など判断できるから(男性/24歳/学校・教育関連)

39.自分が飛び込むべき業界かどうかを客観的に見ることができるから(女性/24歳/小売店)

40.仕事内容は業界研究をしないとわからないから(女性/24歳/学校・教育関連)

41.後々後悔しないようにするため(女性/24歳/その他)

42.モチベーションが上がるから(男性/25歳/機械・精密機器)

43.自分に合っていない業界に入らないため(男性/26歳/情報・IT)

44.衰退する業界に入るのを避けるため(女性/31歳/商社・卸)

45.自分の身を守るために必要なことだから(女性/24歳/小売店)

46.どの程度その業界で働けるか見えてくるため(女性/24歳/ホテル・旅行・アミューズメント)

47.選択肢が増えるから(男性/27歳/小売店)

48.今後の成長を知ることは重要だから(女性/27歳/その他)

49.短期的でも未来像を把握できるのが業界分析だから(女性/24歳/学校・教育関連)

50.早めに分析して判断しておけば慌てることがなくなるから(女性/27歳/医療・福祉)

まずは行きたい業界の内情を知ることで、本当に自分が行きたい気持ちがあるのかを自分で理解することができると言うことは重要だと先輩方はおっしゃっておりますね。また社会人になった後「思っていたのとは違っていた」という結果になると、辞めてしまうことになりがちなので、そのような結果にならないためにも業界分析は必要なのでしょうね。

いかがでしたか?将来を大きく左右する就職活動の中でも、多くの先輩方が重要だとアドバイスをしている「業界分析」。ちょっといやだなと思っている方も、今回の先輩方のコメントを参考に、しっかりと立ち止まって、改めて業界研究を徹底してみてはいかがでしょうか?

文●ロックスター

マイナビ学生の窓口調べ
調査日時:2016年10月
調査人数:就活を経験した社会人1-3年目の男女402人(男性201人、女性201人)