中国の急激な発展がわかる「ビフォー・アフター」写真集

写真拡大

中国の昔といまの写真を比較したディーラ・ヴェンカトラマンの「Time Traveling In China」シリーズを紹介。同国が驚異的なペースで都市化したことがわかる。

SLIDE SHOW 「中国の急激な発展がわかる「ビフォー・アフター」写真集」の写真・リンク付きの記事はこちら
02-venkatraman_11-1024x683

2/10杭州、2016年(DHEERA VENKATRAMAN)

03-venkatraman_30-1024x684

3/10上海、1920年頃(Unknown)

04-venkatraman_29-1024x684

4/10上海、2016年(DHEERA VENKATRAMAN)

05-venkatraman_04-1024x683

5/10武漢、1931年(Unknown)

06-venkatraman_03-1024x683

6/10武漢、2016年(DHEERA VENKATRAMAN)

07-venkatraman_10-1024x668

7/10成都、1994年(Unknown)

08-venkatraman_09-1024x683

8/10成都、2016年(DHEERA VENKATRAMAN)

09-venkatraman_20-1024x683

9/10蘭州、1930年(Unknown)

10-venkatraman_19-1024x683

10/10蘭州、2016年(DHEERA VENKATRAMAN)

Prev Next

中国の驚異的な都市化に関する統計データをまくしたてても、同国に押し寄せる変化の速度を伝えるのにはほとんど役に立たない。米国で100年間に使用された量よりも多いセメントが中国で3年間に使用されたことや、今年オープンする最も高い超高層ビル上位10位のうち6棟が中国国内にあること、ゴーストタウン(鬼城)が複数存在することを知るのは印象的だが、直観的というわけではない。

中国に押し寄せる変化を真に評価したければ、そうなる前の中国の都市の写真を見ればいい。

ディーラ・ヴェンカトラマンの写真シリーズ「Time Traveling In China(中国でのタイムトラヴェル)」は、過去の写真と現在の光景を比較している。田舎から都市が出現し、古代遺跡の横に超高層ビルが建っている。

ヴェンカトラマン氏は、写真撮影が大好きだが、もともとは電気技師兼ソフトウェアエンジニアであり、自律型搬送ロボットを開発するマサチューセッツ州の新興企業Robby Technologyの共同創設者でもある。同氏は、「アジアの各地を移動しながら」育ち、旅を楽しんでいる。

ヴェンカトラマン氏は、上海を訪れた7年前に、現在進行中である同シリーズの最初の写真を撮影した。同氏は、この地域がかつて沼地だったことを知っており、自身が撮影した写真と合致する1920年の画像を発見した。同氏はその違いをとても面白いと思ったが、数年間、写真を放っておいた。だが、昔と今を比較するという考えは、彼の頭から離れなかった。

「変化を直接的に示す最良の方法は何か、考えていた。昔の写真を見て、その場所の写真をもう一度撮影するタイムトラヴェルの旅を試したらどうだろう? そうすれば、衝撃がとてつもなく大きくなるだろう」

ヴェンカトラマン氏は2016年1月、ビジネスで中国国内を移動しながら、このプロジェクトに没頭した。事前に調べておいた場所に焦点を絞って、2週間のあいだに12都市の写真を撮影した。

撮影場所に近づくために、歴史的な写真に隠されていた手がかりに頼ったり、場所を特定するために古い地図をじっくり調べたりすることもしばしばだった。時々、地元の高齢者に案内を頼むこともあった。

撮影したい場所が私有地だったり、巨大ショッピングモールやビルに視界を遮られたりすることもしばしばあった。「どの写真も、1枚撮るために4、5枚は失敗している」という。

ヴェンカトラマン氏は、記録写真のアングルと焦点距離を再現しようと最善を尽くしたが、それには慎重な交渉が必要なこともあった。貴陽市にある司教座聖堂の場合は、行政官を説得し、適切な視点を得られるように校舎から撮影させてもらった。

ヴェンカトラマン氏は、画像をすべてモノクロにした。写真間の根本的な変化から注意が逸れないようにするためだ。武漢市では、元々あった川が道路になっていた。杭州市では、広大な田舎の風景が、自撮りに忙しい観光客で賑わう観光名所に様変わりしていた。そして、いたるところで、昔はぽつんと立っていた壮大な記念建造物を囲むように、超高層ビルなどの建物がそびえ立っている。

「昔の思い出にふける者もいるかもしれない。発展したことを喜ぶ者もいるかもしれない。将来どのように発展し、それが環境にどのような影響を及ぼすのか、どんなかたちでダメージを与えたりプラスに働いたりするのか、疑問に思う者もいるかもしれない」とヴェンカトラマン氏は語る。「こうした変化には、プラス面とマイナス面があると思う。わたしはただ、この作品集から、誰もが得たいものを得てほしいと思っている」

SLIDE SHOW 01-venkatraman_14-1024x683

1/12貴陽市の司教座聖堂、1920年(Unknown)

02-venkatraman_13-1024x683

2/12貴陽市の司教座聖堂、2016年(DHEERA VENKATRAMAN)

03-venkatraman_32-702x1024

3/12上海、1959年(Unknown)

04-venkatraman_31-702x1024

4/12上海、2016年(DHEERA VENKATRAMAN)

05-venkatraman_02-1024x683

5/12蘭州、1910年ころ(Unknown)

06-venkatraman_01-1024x684

6/12蘭州、2016年(DHEERA VENKATRAMAN)

07-venkatraman_18-1024x683

7/12西安、1949年(Unknown)

08-venkatraman_17-1024x682

8/12西安、2016年(DHEERA VENKATRAMAN)

09-venkatraman_24-1024x683

9/12杭州、1970年(Unknown)

10-venkatraman_23-1024x683

10/12杭州、2016年(DHEERA VENKATRAMAN)

11-venkatraman_28-1024x683

11/12武漢、1960年(Unknown)

12-venkatraman_27-1024x683

12/12武漢、2016年(DHEERA VENKATRAMAN)

Prev Next