Vエア提供

写真拡大

(台北 5日 中央社)今月11日に台北(桃園)−東京(羽田)線、同15日に台北−茨城線をそれぞれ開設するトランスアジア(復興)航空系格安航空会社のVエア(威航)。今年下半期には沖縄にも就航する見通しで、3日に新たな客室乗務員(CA)の募集が発表された。

VエアのCA募集は営業開始以来4度目で、採用者は6月下旬から勤務を行う。同社の公式サイトによると、応募条件は大学・専科学校卒業以上の学歴、中国語、台湾語、英語(TOEIC550点以上)の会話能力などで、日本語、韓国語、タイ語に精通している人や、看護の専門知識を持つ場合は、優先して採用される可能性があるとしている。

同社のCAの待遇は飛行時間によって異なるが、平均月給は約5万台湾元(約17万5200円)だという。

(汪淑芬/編集:杉野浩司)