新型コロナウイルスの感染拡大という混乱に乗じて、春先から「行政の委託を受けている」と業者を名乗り住居の消毒を勧誘する電話が都市部を中心に確認され、注意喚起がされていた。こういった勧誘電話はあからさまに怪しいのだが、もっと巧妙に「消毒ビジネス」に参入しているグループがいる。ライターの森鷹久氏が、自称除菌業者が跋扈し始めている実態についてレポートする。【写真】高輪ゲートウェイ駅の消毒ロボット**