JCBは、日本IBMが提供する、AIを利用した対話型自動音声応答システムを用いたPoC(概念実証)を行う。現在、JCBは年間約400万件の電話を受けている。オペレーターにつながるまでの待ち時間や自動音声応答システム(IVR)での番号選択を解消し、顧客の利便性向上を目指すため、日本IBMが提供するAIオペレーターの導入に