今季6号を放ち、同僚とハイタッチするドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】

写真拡大

今季メジャー最速の打球があっという間に右翼席へ

 米大リーグ、ドジャースの大谷翔平投手は23日(日本時間24日)、敵地で行われたナショナルズ戦に「2番・DH」で先発し、9回の打席で右翼2階席に飛び込む6号ソロを放った。大谷は4打数1安打1打点で打率.364。この試合が終わった時点で長打率やOPSでもトップに立ち、メジャー6冠となっている。

 大谷がトップに立ったのは打率.364、36安打、11二塁打、67塁打、長打率.677、OPS1.107の各部門。6本塁打も6位タイまで上がってきた。開幕直後から続けてきた高打率に加え、本塁打の量産体制に入ったことで長打系の数字が急上昇している。

 この日の6号は、9回に右腕バーンズの変化球を右翼2階席へ放り込んだもの。時速118.7マイル(約191.02キロ)、飛距離450フィート(約137メートル)という一撃は、打球速度で今季メジャー最速だっただけではなく、2015年のスタットキャスト導入後、ドジャース史上最速の弾丸ライナーだった。

(THE ANSWER編集部)