“高すぎる”と話題の「豊洲 千客万来」海鮮バイキングを実食。“最安値6000円以上”の価値はあるのか

写真拡大

外食する時にあると嬉しいサービスが、好きな物を心ゆくまで堪能できる食べ放題。お客様にはお得感があり、店側にとっても一定の利益が見込める。双方にとって嬉しいサービスの一つでもあります。
しかし、2024年2月1日に「豊洲 千客万来」に合わせてオープンした「海鮮バイキング いろは」の食べ放題の価格が話題になっています。一般的な食べ放題の相場よりも2倍近い強気な価格をしているからです。そのため、SNSでは「インバウンド価格」などと揶揄されており、攻めた料金設定から味やサービスに対して注目を集めています。

そこで、強気な価格をしている「いろは」のバイキングを実食ルポしていきました。果たして値段に見合うサービスなのでしょうか。

◆圧倒的な強気すぎる価格設定

「いろは」は、2024年2月1日にオープンした海鮮を中心としたバイキング。席数は130席あり、貸切サービスも行っています。最大の特徴として、マグロの解体ショーが体験でき、仲卸業者が厳選した「生本まぐろ」や「希少部位」が食べられます。

食べ放題の料金プランは3コース。
・いろは(70分):大人税込6578円
・まつり(70分):大人税込7678円
・うたげ(100分):大人税込8228円

一般的な食べ放題の相場よりも2〜3倍は高めの設定ですね。最安値でも6000円以上になり、強気な価格であると言えるでしょう。それだけに、味やサービスへの期待が高まります。

食べ放題メニューに加えてオプションメニューも用意されています。
・大トロ盛り:税込1100円
・希少部位盛り合わせ:税込み1650円
希少性の高い部位ではあるため、割高になるのはやむを得ないのでしょう。

また「貸し切りプラン」もあり、40名から100名ほど利用可能です。
・ソフトドリンク飲み放題2時間制:税込8778円
・アルコール&ソフトドリンク飲み放題2時間制:税込10428円
こちらも一人当たりの単価が高めに設定されています。

メニューは海鮮料理が中心。豊洲市場から直送しているのとのこと。注目商品は「生本まぐろの中とろ」や「本ズワイ蟹」といったところでしょうか。

中トロや本ズワイ蟹、赤海老を好きなだけ食べられる点はお得感があります。

◆50種類のメニューが待ち構えるバイキングコーナー

いろはのバイキングは50種類のメニューを取り扱っています。強気な値段を考えると、唐揚げやソーセージなど定番メニューよりも時価単価の高そうな海鮮を攻めた方が賢明でしょう。

豪快に山盛りにされたカニの皿は、見ているだけで優越感に浸りそうになる光景です。

また、新鮮なホタテや赤海老を焼きたてで食べられるコーナーでは、職人さんが焼き加減を見極めて焼いてくれます。

定番メニューの揚げ物は、唐揚げやフライポテトはもちろんのこと、マグロやカキといった海鮮をメインとした揚げ物もあります。

和風の一品料理コーナーには、マグロの煮つけや鶏のあんかけが並んでいます。

◆インパクトしかない!マグロの頭がお出迎え

思わず目を奪われたのが大きなマグロの頭。なかなか至近距離で目の当たりにする機会はありませんから、貴重な体験になりました。こうした演出も付加価値の一つなのかもしれません。それにしても、威圧感がある。

光沢感と鮮度の良さを感じる刺身も並んでいます。酢飯も用意されているため、自分の好きなように海鮮丼を作り上げるのも可能。

ケーキやワッフルなどのデザートも充実しています。ただ、デザートコーナーには、強気の値段を支えるような目玉商品はないように感じますね。

お酒の飲み放題プランもあり、セルフサービスになっています。好きな濃さに調整できるのは嬉しいポイントかもしれません。