パリ五輪出場権を獲得したなでしこジャパン【写真:ロイター】

写真拡大

パリ五輪アジア最終予選

 サッカー女子のパリ五輪アジア最終予選が28日に東京・国立競技場で行われ、女子日本代表(なでしこジャパン)は北朝鮮代表に2-1で勝ち、2戦合計2-1で今夏のパリ五輪の出場権を獲得した。ピッチの選手が喜びを爆発させる中、スタンドでは昨年の紅白歌合戦に出場した女性人気ユニットのメンバーも興奮。初観戦で歴史的瞬間に立ち合ったことを報告している。

 スタンドで熱気を感じていた。なでしこジャパンの応援で国立競技場を訪れたのは、4人組人気ダンスボーカルユニット「新しい学校のリーダーズ」のメンバー、RIN。制服に上履きというお決まりの衣装から一変、黒のキャップと防寒着に身を包んだ。試合前のピッチを背にし、ブルーに光るペンライトを手にポーズを決めている。

 RINは自身のXに写真を公開。「初、サッカー生観戦。気がついたらずっと全身に力が入っていた!高まった熱い夜。なでしこジャパン、本当に本当にかっこよかった。おめでとうございます 日本代表万歳! やったー!」と興奮気味につづった。

 新しい学校のリーダーズは昨年6月に都内で行われたなでしこジャパンのW杯壮行会にスペシャルゲストとして出演。人気曲「青春を切り裂く波動」を披露していた縁もあってか、RINにとっても思い出深い夜になったようだ。

(THE ANSWER編集部)