好きな男性から「都合のいい女」にされてしまいがちな女性、5つの特徴
こんにちは、恋愛コラムニスト・恋愛カウンセラーの堺屋大地です。

筆者はLINE公式のチャットサービスにて、年間約1000件のペースで恋愛相談を受けています。また知人経由で対面の相談を受けることも多く、性別・年齢問わずさまざまな方の恋のお悩みをうかがってきました。

さて、好きになった男性と付き合いたいとがんばって、一定以上の“仲”になれたのにもかかわらず、恋人同士になれずに悩んでいるという人も少なくないでしょう。

今回のご相談者である由美佳さん(仮名・31歳)は、好きになった男性から3人連続で「遊び相手」や「都合のいい女」といった扱いを受けてしまったそうで……。

※ご紹介する相談内容はご本人の許可を得て掲載しています。ただし、プライバシー保護のため実際のエピソードから一部変更しています。

◆強引にホテルに誘われたA君との顛末

由美佳さんは正式な恋人になりたいと思っているものの、いわゆる「都合のいい女」になってしまってしまうんだとか。

「一昨年、5年間付き合って彼氏と別れて、その寂しさを埋めたくて始めたマッチングアプリで出会ったのがA君。私はA君に一目惚れで、初めて会ったその日にいい雰囲気になって。さすがにいきなり身体の関係を持つのはまずいと思ったんですけど、A君が『大丈夫、ちょっと休むだけだから』って手をグイグイ引っ張って、そのままホテルに。当然、『休むだけ』なんてことはなく関係を持ってしまったんですけど、それが悪かったんでしょうね。その後も何回も会いましたが、飲みに行ってホテルに行くっていうルートが固定化して、ただの『遊び相手』になってしまいました」

◆徹底的に尽くしてあげたB君との顛末

A君との傷を癒すために去年参加した合コンで、新たな出会いがあったそう。

合コンにいたB君と意気投合して、二人で飲みに行くようになって次第に好きになっていきました。夜中に急に呼び出されてもタクシー乗って会いに行ったり、B君が終電逃したっていうからうちに泊めさせてあげたりして、尽くしていたんです。身体の関係も持つようになっていたので、『もしかして告白がなかっただけで、これってもう付き合ってる?』と浮かれていいました。ところがある日、B君からいきなり『彼女ができたからもう会えない』ってLINEが来て、ブロックされてそれっきり……」

◆身体の相性チェック中(?)のC君

二連続で遊ばれてしまった由美佳さんは、今年の恋愛は慎重に進めていたとのこと。

マッチングアプリで出会ったC君といい感じになったんです。これまでの教訓から、会ってすぐに関係を持たないほうがいいし、ちゃんと告白して関係性をはっきりしないとダメだと学んだので、3回目のデートのときに私から『好きだから付き合ってください』って告白しました。そうしたらC君が『彼氏彼女になるなら身体の相性が重要。付き合ってから相性が悪くて別れることになるのは悲しすぎる』って言うから、そういう価値観の男もいるよねと納得して、彼の家にお泊りしたんです」

こうして身体の関係を持った後のC君はというと……。

「私からはどうだったか聞けなくて、でもC君もその日は何も言ってくれず。次もC君の家に呼ばれたから、答えを聞かせてくれるのかなって思ってたけど、やることはやっても交際について言及なし。そうやって3回目、4回目もお泊りしても何も言ってくれないので、もうそろそろ私から『相性どう? 付き合ってくれる?』って聞こうか悩んでるんですけど。一緒にいるときは楽しくて幸せだから、もし私から問い詰めて、答えがNOだったらって考えると怖くなっちゃって……」

◆5つの特徴すべてに当てはまっている