小芝風花は将軍・家治の妻・倫子役を演じている(『大奥』公式サイトより)

写真拡大

 1月期のドラマの中で、注目されていた『大奥』(フジテレビ系)が視聴率低迷にあえいでいる。

【写真】将軍・亀梨と熱愛の田中みな実が勝てなかった「東大卒のハイスペすぎる美人姉」

「『大奥』史上、最も切なく美しいラブストーリーをキャッチフレーズに、東映京都撮影所でオールロケを行うなど放送前から期待が高かったのは事実。しかしふたを開けてみると、“(主演の)小芝風花のムダ遣い”といった声も聞かれます。そもそも『大奥』の魅力はドロドロの愛憎劇。今作はそういった点でも薄味すぎます」

“ハイブリッド”や“男女逆転”ものも

 こう話してくれたのは、ドラマウォッチャーで映像プロデューサーの島右近さん。

 時代劇俳優と連ドラ女優をかけ合わせたフジテレビの“ハイブリッド大奥”は2003年から3年間にわたって毎年連ドラ化して高視聴率をキープ。2019年の『大奥 最終章』まで将軍の正室や側室たちの愛憎劇を描き続けてきた。中でも大きな爪痕を残したのが、スペシャルドラマ『大奥 第一部〜最凶の女〜』(2016年)だという。

沢尻エリカ演じるお美代は母の復讐のために大奥入り。11代将軍・家斉(成宮寛貴)の側室に収まるも、男嫌いの奥女中・お志摩(渡辺麻友)と訳ありの関係に進展。2人のキスや入浴など艶っぽい百合シーンも見どころとなりました。ところがお志摩が間者であることを知ると、自らの手で亡き者とする。亡骸にすがりつき号泣する沢尻の演技には多くの視聴者が涙しました」(島さん、以下同)

 そんなフジテレビに勝負を挑んだのがTBSの“男女逆転”『大奥』。特に2012年に公開された映画『大奥〜永遠〜』では、5代将軍・綱吉役を菅野美穂が熱演して話題をさらった。

「世継ぎを病で失った綱吉は、子を授からない焦りから大奥の男たちを片っ端から夜伽に誘う。熱に浮かされたように“なんで授からないの”とつぶやく狂気をはらんだシーンには、心奪われました」

大奥』に必要なのは“攻め”

 “男女逆転”の『大奥』で魅せたのはTBSだけではなかった。昨年、2クール全21話にわたって描かれたNHKの『大奥』は大河ドラマをしのぐという声もある。中でも、8代将軍・吉宗役を演じる冨永愛に注目が集まった。

「モデルとして世界的に活躍する冨永がまさかの吉宗役。180センチ近い身長を生かして颯爽と馬にまたがり砂浜を駆ける姿は、まさに“暴れん坊将軍”そのもの。御鈴廊下を歩く姿はファッションショーのランウェイを思わせる。冨永は時代劇出演を果たすために、以前から殺陣や乗馬の稽古をしてきました。今作で長年の夢を叶えたというわけです」

 さらに将軍・綱吉役を演じた仲里依紗の演技には衝撃が走った。

「後継者を亡くし、子づくりを強要され“当代一の色狂い”と称される、仲演じる綱吉。胸を揉まれるばかりか汗だくで濡れ場を演じたかと思えば、自分の運命を呪って慟哭する迫真の演技に『攻めすぎNHK』などの声が上がりました」

 こうした歴代の名作に比べるとどうしても見劣りしてしまう今作。

大奥は秘密のベールに包まれているだけに、ある意味、何でもアリ。ミックスルーツのタレントを起用して長崎から異国の美女が大奥にやってくるなど、もっと攻めた展開も考えられたはず」

 2月22日の第6話から新章に突入する『大奥』。もっと振り切った展開に期待したい。