久保建英の振る舞いに注目【写真:Getty Images】

写真拡大

29年6月末までさらに2年間の契約を延長

 スペイン1部レアル・ソシエダは2月12日、日本代表MF久保建英と2028-29シーズンまで2年間の契約延長で合意したことを発表した。

 大きな話題を呼んでいるビッグニュースだが、クラブ公式SNSが投稿したインタビュー動画の“最後”に注目が集まっている。

 2022年夏にレアル・マドリードからソシエダへ完全移籍した久保は、加入当初2027年6月末までの5年契約を締結。移籍1年目からラ・リーガ35試合に出場して9ゴールと、リーグ日本人最多ゴール記録を更新した。今季もここまで19試合で6ゴールを記録。先日、アジアカップからチームに戻ったなかで、さらに2年間の契約延長となった。

 クラブ公式X(旧ツイッター)や公式YouTubeチャンネルでは、「マイテ、マイテ、マイティア、最愛の人… 契約延長」と綴られたイラスト動画をアップ。久保自らが「マイテ、マイテ、マイティア(最愛の人、最愛の人、最愛の人)」と歌っていると思われ、最後に「ここは僕の生まれ故郷からはとても遠いけれど、まるで家にいるくらい居心地がいい。バスクの人たちと僕たち日本人にはたくさん似ているところがあると思います。快く受け入れてくれてありがとう」とソシエダに感謝の言葉を述べていた。

 そのなかで、クラブ公式SNSが公開したインタビュー動画で決意を述べた久保だが、最後に人差し指と中指の2本で投げキスをして去っていくシーンが納められた。これにファンからは「ケンティー的なふるまい」「最後のお洒落な投げKiss」「最後の投げキッスは反則でしょ」「えっっ、最後かっこよすぎ…」「去り方が日本人じゃないのよ」「中島健人ばりのセクシー投げキス」「タケ投げキッスの後に『てへっ』」「タケに心奪われました笑」と大きな反響が寄せられた。(FOOTBALL ZONE編集部)